鉄拳7 アリサ コンボ

とりあえず触ってみたもの。
これからどんどん開発が進むでしょう。

・3RP>4LP>wsLPRP>4RPRK>666LKRK
基本形?666は実質ただの66ダッシュから。
最後が二段技で多少浮くため、壁運びとしてもなかなか優秀。
浮かせは9RKRKからでも可。

・3RP>RK>4LP>wsLPRP>2RKWP
減るのかなぁ。減りの差は見た目上わからん程度。

・3RP>4LP>wsLPRP>2RKWP>46RP
ステップインのいらない安定コンボ。相手の右に軸がずれてると4RPRKが入らないことがあるので、そのときのフォローにも。

・2LKカウンター>wsRK>2RKWP>66LKRKRK
カウンターから拾える安定コンボ。wsLPRPでの拾いは安定しない。後半ヒット時のみかも。

・4WK>6RP>LP>6RP>4RPRK>666LKRK
同じような。拾いはほとんどTTT2と一緒。

・RKカウンター>4LP>wsLPRP>LP>4RKLK
初段でスクリュー消費するので、起き攻め重視。受け身なしなら2LKが確定するっぽい。

・6LKRP>6WKRPLP
スクリューする条件がカウンターなのかまだよくわかってないが、とりあえずのコンボ。
もし14確反でこれが入るならなかなかだよね。

・スクリュー>WP
ステップインがいらないので安定。その場叩きつけになるので、起き攻め重視。
床が割れる場合に使うのも良い。

・壁やられ中>ワンツー>6WP
スタンダードだが補正ぎりは今回とても減るように見える。

その他、コンボ締め後などに2LKがとても強い。叩き付けてビターンやられの後で受け身とられても届くし、666LKRK締めの後にそのまま打っても重なる。横転受け身にも重なり、特に後半ヒットに見えるのでもしかすると反撃も受けないかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。