鉄拳7 アリサ 6WPからのブート移行実践

試してきた結果、なかなか強い。
選択肢としては主力のひとつ。

いままではアサルトから6WP後、相手受け身に対しステップインでやや有利、発生の早い技なら暴れをつぶせる程度だったが
6WPブート移行でLKなどを出すと受け身に技が重なるので、強制的にアリサのターンが続く。
何かと展開が早いので、例えばアサルト~6WPブート~受け身にブートLK~しゃがみ121WP投げ という流れなどが決まりやすく、大きく持っていける。

確認していないがブートLKはガードで浮かされなくなった?ようなので、これを強気で打ちつつ
中段のブートLPRPも受け身にしっかり重なるので二択になる。
ブートLKは一度受け身なし~起き蹴りに潰されたが、ブートLPRPなら発生が早いので潰されない…?
デュアルブート移行もあるので色々ゴニョゴニョできそう。

壁際で補正切れに6WPを当てた後も、軸によっては怪しい感じだったが、受け身を追いかけて当たってたので、同様の展開が可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。