鉄拳7 アリサ コンボその2

・3RP>4LP>wsLPRP>2RKWP>2LK>バックアップLP
締めが新しい。ダメージは他のコンボとあまり差異はないような。スクリューさせる技は4RPRKではダメで、2RKWPがタイミング的にちょうどいい。
2RKWPの前にLPを挟んで6刻みスクリューでは最後のバックアップLPが届かない。

・3RP>4LP>wsLPRP>LP>6LKRP>DF中6WKWP
6LKRP2発目のダメージが上がっているため、そこそこ減ってるような気がする。
最後は叩きつけるが、アリサ側硬直長いので起き攻めは難しい。床破壊は可能。
壁があれば、最後をDF中RPにして壁コンボも。

・4WK>6RP>3LP>4RPRK>666RKLPRK
ロジックボムをいれたコンボ。4刻みスクリューが限界か。これでも安定せず、ややムズ。

・DF中RP>DF中WP>DF中9WP
簡単コンボ+起き攻め。TTT2に比べるとリターンは激減。もう少し進化しないかな。

・壁やられ中>LP>3WP
補正切り。低い位置で壁にギリギリ届くなど、ワンツーでは壁ヒットしすぎる時に。これを見るに、3WPの発生は16~18くらいか。

それにしてもスクリュー後距離遠いのでコンボを落とすことがよくある。4RKLK締めとかにもしたいが、ミスった時のリスクがでかい、、。
結局実践では666LKRK締めで運んで壁コンボ、壁なしでも同じ締めからそのまま起き攻めする形になってる。
開拓したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。