鉄拳7 アリサ デスコン調査




鉄拳7アリサはコンボダメージが低め。
相手を削りきれない!という場面も多いので、少しデスコンを調べてみました。
減りが微妙なものが多いのでいくつか候補をあげます。

・3RP始動
候補1
3LPLP>6RP>2RKWP>2LK~LP
2LK~LP締めが基本的に減るのだが、軸ずれに弱いのが欠点。ほぼ正面のときしか入らない。
初段までに横移動して修正が多少効く…が咄嗟には難しい。

候補2
4LP>wsLPRP>2RKWP>2LK~LP
たぶん1より減ってない。相変わらず軸ずれには弱い。

候補3
RK>wsLPRP>LP>9LKRP
軸ずれ対応。上記よりは減らない。
9LKRPがまあまあいいダメージを出す。

・9RKRK、下段さばき始動
候補1
wsLPRPLK>2RKWP>2LK~LP
初段が安い割には減る。立ち途中の3発目のダメージが高いみたい。

候補2
wsLPRPLK>RK>66~RKLPRK
こちらは多少の軸ずれにも強いはず。
最後はプレッシャーかかる場面では避けたい程度の安定度。9LKRPで妥協してもいい。

候補3
66~3LPLP>6RP>2RKWP>2LK~LP
3RP始動とおんなじ。6RPが微妙に当たらない時がある。

・4WK始動
候補1
6RP>3LPLP>2RKWP>666RP
スクリュー後に2LKが届かないほどの距離。
666RPはやや伸ばす。

候補2
6RP>3LP>2RKWP>666RKLPRK
3LPを抜くとかなり安定。

・wsRP始動
ブートLK>wsLPRP>2RKWP>2LK~LP
特筆なし。もう少し伸びるのだろうか。

なおスクリューに関しては2RKWPが減るが、
運び、起き攻め重視などコンボのバリエーションがあるのは4RPRK。
場面で使い分けたい。

・おまけ
壁際4RKLKでフロアブレイク>3LPLP>6WP
フロアブレイクは、普通の叩きつけより無双鉄槌やられの方が浮きが高い。また、技により落下後の硬直が異なる。
3LPLPの二発目が壁ヒットで、6WPは補正切り。

壁際4RKLKでフロアブレイク>6WP>LP>3WP
距離の関係?で、LPが間に合わないこともあるが、減る。

壁際9RKRKでフロアブレイク>RK>2RPRK
4RKLKよりも余裕がある分、3LPなどを最速で出すとスカる。15Fくらいまでの技なら高い壁張り付きだが、なかなかいい技がない。
RKでなぜか背面になる。2RPRKは一発目が補正切り。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。