鉄拳7 アリサ コンボ、起き攻め小ネタ

練習モードで調べてきたことなど。

【コンボ】
・アサルト>3WP
6WPよりも減る。目に見えて減る。
起き攻めは難しくなるので、体力リードしているときやとどめに。

・右アッパー>4LP>wsLPRP>4RPRK>9LKRP
ムズかった。スクリュー後に絶妙なステップインが必要。とりあえず入るだけで実戦向けではない。

・壁際右アッパー>6WPWK>ブート四段
新しいけど、起き攻めしづらいのと 、補正がきついせいでそんなに減らない。

・右アッパー>6RP>3LP>RPLKLK>666RKLPRK
5刻みロジックボム。RPLKLKからなら簡単。ダメージは…他のコンボと微差。
4WKからだと距離の関係でRPLKLKが入らない。

・起き上がり下段カウンター等>wsLPRP>RPLKLK>666RKLPRK
同上。

・6LKRP>半歩前に歩いてレイジアーツ
すこし前に歩いてからだと届く。5割ちょい減ったかな。1RPRPから入ると7割。

・DF中RP>WP>6WKWPあるいはRP
少し探してみたけどこれで限界っぽい。

・DF中RP>レイジアーツ
約半分。

・2LKカウンター>バックアップLP>wsLPRP>LP>9LKRP
2LKは後半ヒットでなくともよく、近距離ヒット時でも安定して当たる。位置も入れ替わらない。
実戦で一度2LKカウンター時に位置が入れ替わったことがあるけど、相手も接近してるときだけなのかな。
また、2LKカウンター後に直接wsLPRPで拾うのは難しく、後半ヒット時のみっぽい。普段はトゥースマか。

・壁際1RPRP>ツーハイ(RPRK)
生RKよりも減る。

・壁強>横移動>4RPRK>66LKRKRK
軸のずれかた次第だが、狙えないことはない。空中コンボになることもあるし、壁コンでもオッケーな感じ。
ステージがドラゴンズネストだと特に多段階壁ヒットする場合があるので狙う価値あり。

・9RKRK>小ジャンプ着地RK>(つд`。)
無理だった。3LP、4RPなど拾えず。

【起き攻めネタ】
・3LPRKの2発目カウンター後
1LKや2RKは確定となる。
寝っぱと左横転以外には3WPがヒット。その場起きや後ろ入れ起きする相手にダメージ大。

・コンボのwsLPRPLK締め後
例えば、66LKRKRK>4LP>wsLPRPLKなどとした後。
その場からブートLK(伸ばさない)を出すと、両受け身に重なるため強い。しかも後半ヒットに見える。

【その他】
・ブート中に2入れでバックアップに移行した。幅が広がる。

・ワンツーハイ(LPRPRK)はツーがカウンターで連続ヒット。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。