仁対策 構えWP




仁の構えWPはパンパーンって浮かせる上段の二段技。

契機としては前蹴りからとか、46RPLKとかから打ってくる。

前蹴りヒット後にこれを打たれると、割れない。ブレードでも割れない。

さらに、46RPLKのヒット後に至ってはしゃがむこともできない。これは知らなかった。
ガードせざるを得なくて、確定反撃が釘打ちほぼ届かなくてきついなあ。
と思ってたけど、ガードしたら外法閃入るんですね。これも知らなかった。


仁戦では覚えておきたい。

※16/3/23 追記
ガードしたら外法閃入るかどうかが定かで無いです。
構えWPのガードモーションが前作から変わってるのに気付きました。
フレームはina上は-17Fとなりつつ、ガードモーションから見ると計算上-11Fになっちゃうんだけど、実際のところよくわかりません。
わかり次第更新したいと思います。




2 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    鷹狩り
    知らなかったです。
    仁戦きついんで助かります。
    因みに前蹴り対応なんですが
    ・横でかわす。
    ・ガードで構え派生読んだらアッパー
    ・ガードで構えキャンセル読んだら
    華厳or卍ソウ
    と大まかな対応してるんですが、大体あってますでしょうか?
    先日著名な方の仁にぼこぼこにされてしまいました。(+_+)

  • SECRET: 0
    PASS:
    仁は自分も当たる度に苦戦してますね。
    あまり煮詰めてないですが、対応としてはいい感じな気がします。ガード時のアッパーが構えWPに食われちゃうのが危なそうでしょうか。ここも卍そうでいいのかも。
    構え移行なしの前蹴りガード時に峰打ちとか逢魔1発止めを打っといて、吉光のターンだとわからせておくのも大事ですね。
    毎回簡単にはかわせないですが、前蹴りは縦でかわすのがオススメです。
    あと、構えキャンセルは近距離ならブレード確なんじゃないかと思ってるんですが、試行中です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。