対スティーブ イレイザーからの二択拒否

スティーブのイレイザーブロー(666RP)は、近距離で有利となるため
スマッシュ(236LP)とダーティー(1LKRP)の二択を避けられない。
(先端ガードの場合、ダーティーが届かなくなることはある)
下段はスティーブ側も勇気がいるものの、特に壁際では強力な二択となる。

いずれもジャンステ暴れで拒否できるようなフレームの猶予がないため、
基本的には二択に付き合うよりしょうがない。
が、吉光の場合は多少面白く対応ができる。

・華輪で拒否る
いつかの記事に書いたが、イレイザー後のダーティーは華輪2回転で回避でき、右アッパーが確定する。
しかし残念ながらスマッシュを回避することはできない。
ただ軸をずらすことは可能なので、壁から逃げる方向に華輪すれば、被弾しても壁強をまぬがれる。
壁際で、単純にしゃがむよりもリスクを抑えることができる。

・卍あぐらで拒否る
消極的な二択拒否。スマッシュもダーティーも空中ヒットになる。
ポイントとして、ダーティーは叩き付けになって2発目がスカるため、吉光有利となる。
特に壁背負い時は牽制キックが確定するので、相手体力ミリからの猛攻を受けている場合はとどめが刺せるかもしれない選択肢。
逆転されそうな勢いを止めるため、とりあえず逃げたい場合に良い。

~~~

単純に二択を受ける場合でも、スマッシュはブレードで割れるのでスマッシュ読みなら立つよりブレードが○。
いずれの場合も、イレイザーが後半ガードの場合は意味をなさなくなるので注意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。