峰打ち陽炎




・峰打ち殺し(空中ヒット)>陽炎裏>指切拳万

峰打ち殺しで相手が受け身できなかった場合のネタ。

陽炎裏はその場起き及び後方起きにダウン判定としてヒットする。
ダウンヒット後、相手が受け身をとらないとその場起きを許さず指切拳万がヒット。
受け身をとられてても受け身に重なるため強い。

陽炎裏は横転には当たらないが、横転されてもそのまま指切拳万が起き攻めとして機能する。

問題なのは峰打ち殺しの時点で受け身をとられていた場合で、目の前で背を向けることになる。
これは受け身を確認した時点で派生華輪を仕込んでおくとカッコイイ。
が、危険なのに変わりはないので、基本的には受け身なしを予測したときに。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。