壁際の振り向きしゃがパンブレード




背向けから出せる振り向きしゃがパン(吉光の場合は背向け2RP)は、ヒットで+9Fと破格のフレーム。

これはガード不可能硬直であり、9F以内の技であれば連続ヒットする。そのため吉光の場合は壁際で納刀ブレード(発生8F)が確定となる。

例えば吹雪などのガード後に相手が発生の早い上段を狙ってくる場合、振り向きしゃがパンで返した後にブレード確定を狙える。

上記の例ではデカキャラ相手だが、デカキャラでなくとも状況により届く。
以下のような条件が重なった場合に届きやすくなる。

・吉光から見て真正面もしくは左斜めに壁がある
相手の上段攻撃がRP系

そのためLP系がメインの相手には期待ができないが、RPから連続ヒットする派生を持っているキャラであれば、より高いヒット率が期待できる。主にジャック用と言ってもいいかもしれない。

壁破壊できるステージであれば圧切払でスクリュー温存+壁破壊も可能なので、リターンが高い。納刀時に露薙ぎを匂わせてからの中段からの本命として壁際の選択肢に加えるのも良いだろう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。