左横移動潰しのダッシュブレード




吉光が有利フレームを得た状況から、相手の横移動を読んだとする。この横移動に対して、吉光はどのような技が選択できるか。
横に強い技で一般的なのは、以下のような技だろうか。

・ホーミングの卍裏跳び蹴り
・同じくホーミングのバレリーナハイキック(6LK)
・迅雷剣

しかし、卍裏跳び蹴りは発生が遅いので横移動ガードで対応され、暴れにも負ける。6LKは卍裏跳び蹴りよりも発生早いけど上段。迅雷剣はガードされると確定反撃がある。それぞれ弱点があり、かといってヒットさせて大ダメージというわけでもなく、横移動を効果的に潰すことが難しい。

そこで、「前ダッシュからの吉光ブレード」が一つの選択肢として浮かんでくる。吉光ブレードは返し技のようだがれっきとした中段攻撃なので、接近すればヒットさせられる状況がある。判定が吉光の右方向に強いため、相手の左横移動に対して強く、横移動潰しとして機能する。

右横移動には当たらないため、相手の左横移動に対してのみ有効となる。そのため、相手をしゃがませて左横移動しかできない、あるいは相手の右方向に壁があるため左横移動しかできない、という状況下で狙うこととなる。具体的には殴り兜割りや露払いのヒット後が相手をしゃがませるために発生しやすい状況。相手のプレイサイドは試合の中で要確認だが、一般的には左サイドが多いため狙いやすいと考えてよいだろう。

前ダッシュの伸ばし方次第ではあるが、相手が暴れていた場合でも発生の遅い技は潰せるため、手痛い反撃は受けにくい。下記の例では相手の12Fと相打ちする程度のフレームとなっているが、この打ち方でも左横移動は追いかける。

ただし、左横移動にはヒットするが左横歩きにはヒットしない。注意が必要だが、相手がスカし確定を狙っている場合は動くと吉光ブレードがヒットするため、反応の早い相手は逆に引っ掛かることもある。吉光ブレードに持続フレームがあることもこの場面では一役買っている。

総じて横移動を完璧に潰せるわけでないが、「横歩きではなく横移動を使っている」「横移動技を打ってくる」「あるいはたまに暴れてくる」という場合には有効となる。リターンが高いので、読んだら狙ってみたい選択肢。相手からしても予測していない選択肢なので、比較的リスクも抑えられるだろう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。