鉄拳7FR 吉光立ち回り 理想(3)

昨日のつづき。

攻め、置き、スカとまとめてきた行動を、単純化するとこうなる。

攻めにおいては前ダッシュに応じて横を追ったりすることはできるけれども、
横に弱いような図式になってるので迅雷剣とホーミングと露払いを足してみた。

勝ち 負け
3LP&派生 屈,J
ダッシュ卍芟 立ち,横 置き
牛若
スラッシュ 立ち,屈 横、置き
吹雪
蜻蛉二択 立ち 置き
迅雷剣 横,屈 立ち
ホーミング 置き
露払い 立ち,横
各種ガー不 立ち
置きミドル 前ダ 立ち
置きアッパー 前ダ 立ち
置き露払い 前ダ,上段
バックダッシュ 置き 前ダ
横移動 スラッシュ系 前ダ
ステップインガード 置き 下段
無想 短い技 前ダ

これにリスクとリターンの期待値を含めると以下のようになる。
浮いた場合は35%として計算。

勝ち 負け リターン リスク
3LP&派生 屈,J 20% 35%
ダッシュ卍芟 立ち,横 置き 10% 20%
牛若 20% 35%
スラッシュ 立ち,屈 横、置き 20% 20%
吹雪 35% 35%
蜻蛉二択 立ち 置き 20% 20%
迅雷剣 横,屈 立ち 15% 20%
ホーミング 置き 15% 20%
露払い 立ち,横 10% 35%
各種ガー不 立ち 25% 35%
置きミドル 前ダ 立ち 10% 35%
置きアッパー 前ダ 立ち 35% 35%
置き露払い 前ダ,上段 30% 35%
バックダッシュ 置き 前ダ 20% 10%
横移動 スラッシュ系 前ダ 35% 35%
ステップインガード 置き 下段 35% 10%
無想 短い技 前ダ 40% 20%

ブレ幅はもちろんあるのだけど、とりあえず極端な数値として書いています。
全ての技が相手に通ることを前提とすれば、この中で、リスクよりもリターンの高い行動だけとっていれば最終的には勝てることになる。
でも、相手によって通る技は異なるし、そもそも毎回最大のリターンとリスクがとれる訳ではない。
隙の少ない技は痛いスカ確を被弾しにくいだろうし、二択の通る比率も中下で50%とは限らない。
加えて壁の有無でも大きく異なってくる。
そのあたりを加味して比率計算した期待値は…

つづく

2件のコメント

SECRET: 0
PASS:
あぽさん
迷走(無想)中です また獣に下がりました
今回のは 「相手の状態に勝てる選択肢を打て」ととりました(ガードされてる事が多い)
今度は動くかな?って中段振っちゃいますがもっと卍そうですね
「相手の技を読んだからこの技を振る」自分には凄く難しいですが修羅まで頑張ります 長々失礼しましたm(__)m

SECRET: 0
PASS:
弱光さん
迷走することもあります!悪いことしてないのに勝敗が偏ることもあります。
というか拳段付近はサブキャラも多くて割と魔窟だと思ってますw
当たる見込みがあるなら、ぶっちゃけ中段だけでいいと思うんですよね。当たる見込みがないから下段を振るわけで。
相手の主なダメージソースを意識するといいかもしれません。じゃあ、それだけはくらわないようにするとか…でも、まずはお疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。