側面ジャブ

相手の攻撃を横移動し、側面をとった時に
やや背面まで回っていれば、「LP>逢魔釘打ち」が確定する。

左横スカしからの場合、立ち振り向きに釘打ちの2発目が謎にスカることがあるので、
どちらかといえば右横移動からのスカし時を推奨したい。

相手が暴れるかしゃがみ振り向きを選択しなければ、LPは連続して背面にヒットする。
咄嗟にしゃがみ振り向きされなければ、例えば「LP>LP>逢魔釘打ち」としてダメージを伸ばせる。

LPの連続は段々とヒットバックが大きくなるが、4~5発程度いける。
さすがに3発目あたりからしゃがみを選択されると思うのだが・・・
LPを回避しようとしゃがみを選択した場合には、逢魔外法閃が背面に刺さる。
なので博打になるが、例えば「LP>LP>(相手しゃがむ)>逢魔外法閃」というダブルアップが考えられる。

大きな技を回避した後はアッパーや逢魔外法閃で文句なしだが、ジャブは発生が早いので咄嗟の場面で使える。
基本的には釘打ち確定でいいと思う。相手の傾向がわかったらダブルアップを狙ってみるのも面白いかもしれない。
ちなみにLPから迅雷剣も確定するので、側面に壁があるなら狙い目。

その他、側面ジャブ系は凧殴り金打>阿修羅斬が刺さったら面白いなと思ってたんですが、
凧殴り金打はヒット+5Fのようで確定せず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。