死馬駆りに追いつけないタックル




背面状態で金打ステップ前進をしていると、相手の無敵タックルが当たらないことがある。

でも、回避したところで特に反撃は入りません。
反撃が入るようになれば、実戦レベルに昇華するのに。

では、金打LKで出る下段の死馬駆りではどうだろうか。なんとこれでも回避ができるようだ。
この場合、相手との硬直差で吉光に有利がつくのでタイミングがよければ確定が入る。

出すタイミングは難しくなく、走ってきたなと思ったら結構早めに出しておけばスカる。
振り向きライトゥーで確定とるのが理想だが、タイミングがかなり難しいので、振り向きキックが安定。





スーパーアーマー判定に引っ掛かる場合があるが、この場合は余計にダメージが得られる。

デカキャラの場合は死馬駆りの後半部分がアーマーに引っ掛かる傾向にあるので、この場合は振り向きライトゥーが入る。
余裕があれば振り向きライトゥーの代わりに振り向きブレード(前振り向き中に[RKLP])も入るぞ。





あるいは、切腹で決めることができれば吉光使いとしては狂喜乱舞でしょう。





このままだと一発ネタなので、一度これが決まって相手が学習した場合。

・走ってくるのを止める場合
死馬駆りで避けられちゃうので途中でダッシュをやめて、死馬駆りのスカを見てから前に出てくるパターン。
しかし、死馬駆りはタックルを避けるほどなので、結構距離が離れる。その距離を詰めようとした時点で相手の有利は消えており、大抵は背向けからの裏拳が刺さる。
完全に合わせられれば確定はあるかもしれないが、至難。なので死馬駆りは案外ローリスクである。

・スライディングを打ってくる場合
スライディングのリーチ的に、無敵タックルと同じく死馬駆りに届かないケースが多い。スカった場合は指切拳万が確定となる。
ぎりぎりまでダッシュしてからスライディングを打たれた場合はヒットするが、その場合は逆に蜻蛉移行からの反撃が可能である。


・ランチョップを打ってくる場合
回避できません。
ランチョップを選択する人は相当に吉光をわかっているかもしれないのでやめましょう。




ほとんど意味が無いけど巌頭でも回避可能。





3 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    youtubeで韓国のOYOってひとがファランのレイジアーツをこれでよけてるのを見たことがあります。
    ほかのキャラには絶対にできないことをやってこその吉光だと思いました(笑)

  • SECRET: 0
    PASS:
    >サボテンさん
    ファランのレイジアーツも当たらないんですねー
    ほんとおもしろムーブネタには事欠かないキャラです
    >切腹王さん
    ツボがわかりやすいw

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。