吉光 壁圧切払

壁やられに圧切払(2RPRPLP)。

いまさら書くまでもない当たり前の壁コンボですが、改めてシンプルな強さがある。

この後に卍芟を打つのが単純に強い。受け身に重なる下段になるのはもちろん、
受け身なしの相手が横転などし始めたところを掘り起こすことができる。
寝っぱを選択するには吉光の硬直が長そう、というのが逆に効いている。

受け身に旋風剣はあんまり余裕がないけど、この場面では狙わなくてもよくて、中下の二択で十分。
中段は卍裏飛び蹴り、戸板倒し、撫で孔雀など分厚いので、相手がしゃがむようになった方がおいしい。

圧切地雷刃とか、峰打ちとか色々とネタっぽいことを書いていますが
こういう基本に忠実も忘れずに、安定して強いですよということで改めて紹介。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。