斑鳩の先端ガード

斑鳩2発目は持続あり

斑鳩の2発目はガードで-12Fだが、先端ガード時は距離が遠い場合がある。その場合、確定反撃のジャブが届かないことがある。

さらに2発目には持続があるため、ド先端ガードの場合には-11Fとなり、12Fの確定反撃すら入らなくなる。

ギガースのジャブですら届かない。

そのため斑鳩の2発目が先端ガードになった場合は確定反撃がない、と考えてもよいだろう。

あえて狙うようなものではないが、空間において2発目だけ引っ掛けにいくような打ち方は、割とリスクが低いことがある。

何かのネタで2発目だけ届きます、というシーンを作れば役に立つかもしれない。

裏切りの隼もあり

ド先端の持続ガードでなくともジャブが届かない場合がある。このとき、隼を打つと相手のワンツーのツーを潜ってねじ込むことができる。

実のところは-11~-12Fから隼を打つという世にも恥ずかしい選択肢なので、推奨はできない。

ただ、どうせ確定反撃でワンツーを被弾するのであれば、届かないことを見越してワンチャン入れ込んでおくのもアリというところ。

怪しい距離だなと思ったら狙ってみるのを頭の片隅にでも。ジャブ止めにもちゃんとスカし確定になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。