ワンツーのツーの発生

ワンツーのツー(2発目)の発生は、キャラによって異なる。

どのくらい違うのか調べてみました。

アリサ 22F
ボブ23F
ブライアン22F
クラウディオ24F
デビル仁20F
デビル仁(閃光烈拳)25F
ドラグノフ(RPLP)22F
エディ20F
フェン20F
ギガース(RPLP)29F
平八20F
平八(閃光烈拳)25F
ファラン20F
20F
ジョシー22F
カタリーナ26F
カタリーナ(LPLP)27F
一美20F
一美(燐光烈拳)25F
一八20F
一八(閃光烈拳)25F
キング22F
クマパンダ24F
ラース20F
ロウ22F
リー22F
レオ22F
リリ22F
マスターレイヴン22F
ミゲル26F
ニーナ20F
ポール20F
シャヒーン22F
スティーブ20F
シャオユウ21F
エリザ24F
ノクティス22F
アンナ20F
レイ22F
マードック22F
アーマーキング20F
ジュリア23F
ニーガン27F
ザフィーナ22F

遅いキャラは派生が優秀

多少のイレギュラーはあるものの、基本的に20Fか22Fが大半を占める。

この20Fと22Fを見比べた時、違いがあるのはリターンの高い派生の有無。例えばワンツー派生がカウンターでコンボとか、ダウンがとれるなどの派生を持つキャラは22Fになっている。

仁、ニーナについてはシーズン3にてRK派生がカウンターでコンボになったのでその例外にあたる。ちょっと優遇されている。

2発目の発生が遅いが特に派生のないクラウディオやレイのようなキャラも存在するので、必ずしもではないが、遅いキャラは派生が強い傾向にある。

スカ硬直は変わらない

2発目発生の早いキャラでも遅いキャラでも、2発目のスカ硬直に差はない。基本的にスカ硬直は20F。(たまに19Fだったり、21F以上ある長いキャラもいる)

そのためワンツー単体で見た場合、発生20Fのキャラの方が空振り時の隙が少なく優秀であると言える。全体40Fなのでハイキック(全体39F)とほぼ同じ。展開も早く、カウンター被弾のフレームも他キャラに比べれば短い。

逆に発生22Fのキャラは派生が付いているため、ワンツーに対するスカし確定のタイミングで技を振られても派生でカウンターをとれるというフォローが効くようになっている。

吉光にとっては2発目までの発生が遅いことと、派生を出す可能性があることから、発生22F群は露払いカウンターや合掌カウンターをとりやすい相手と言えるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。