鉄拳7FR 8/9に調整が入ったらしい

公式に調整内容が公開されていましたね。


豪鬼が下方修正のオンパレードすぎて、あれは幻の一ヶ月だったのだろうか。
実際のところの感触はわからないけど、豪鬼が絶滅しないことを祈ります。豪鬼戦は結構好き。
しかし「波動拳の硬直時間を増やしました」がないってことは、吉光の確定反撃は3LPに減退か…

さて、吉光の調整点。
まだ触っていないので実際はよくわからない。

・背向け状態からの「卍裏拳」の攻撃ヒット範囲を大きくしました。
吹雪コンボに加え、伽藍コンボも安定度合いが復活ですね。
背向け状態からの卍裏拳と明記してるあたり、正面向きの卍裏拳や紫電、禍電は対象外と言ってるのかな。
無想からの裏拳は同時に強化されたと思っていいのかな?

・「禍電」をノーマルヒット時に連続ヒットしないようにし、「震電」を出せるタイミングを遅くしました。
書いてないということは2発目は割り込めずカウンターコンボは相変わらず?
震電派生が遅くなってるとは知らなかった。確かに割り込みづらいけど、中中の派生がないから許されても良いんじゃないか。
これ文脈的にわかり辛いのだけど、1行で書いてるから禍電菊だけが対象なのか、震電や紫電菊まで影響受けてるのかがよくわからない。
まあ検証して確かめろってことですかね。

ちなみにボブは…すごくいつも通りでした。
おお、こう変わったんだ!という面白みを感じないレベル。
これから何か見つかってくるかな?

わかったら追加情報を書きたいと思います。

2件のコメント

SECRET: 0
PASS:
マッチングが豪鬼とキングばっかで、新キャラが謎のままですね(笑)
吹雪コンボが戻ったのなら、納刀で戦った方が強そうですよね
禍電は無いが渦巻きはありますし、下段もまあまあ。ダウン追い討ちがなんだかなーっと言ったところですが…

SECRET: 0
PASS:
吹雪安定のおかげで納刀は強さが伸びましたよね。
峰打ち、蜻蛉、指切あたりが痛いですけど… ダウンには9RP使っていく感じですかねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。