鉄拳7 Ver3.20 リロイ調整内容

いま、鉄拳界でなにかと話題となっているリロイ。リロイ関連で検索しているユーザーは多く、検索キーワードの上位に「リロイ 強すぎ」「リロイ クソキャラ」というのが入ってくるくらいである。EVOでリロイが多すぎたというのも印象を大きくしているだろう。ただ、みんなが強いと言っているからリロイは強いと考えるのには異を唱えたい。確かにコンボはお手軽で火力も出るだろう。だが対処方法をきちんと調べて自分で判断すべきだ。弱点はある。しかしながら色々な不満は出ているようで、良くも悪くも注目度が高い。

1/28に行われたVer3.20のアップデートはリロイ用のアップデートといっても過言ではなく、多くの技の弱体化調整が行われた。

独歩中6RKのダメージが25→21に減少

主に壁コンボでの補正切りに使われる技。ダウン判定にヒットさせると1RPWPのダウン攻撃まで確定し、最大ダメージコンボとなる。補正切り時のダメージは15→12になったので、3ダメージ落ちた。それでもダウン攻撃まで合わせて壁コンボで37ダメージを奪うため、相変わらず火力が高いのは高い。

3LPのダメージが14→12に減少

やや下がった。空中コンボに組み込んだ際も1ダメージ程度の違いが出る。ヒット判定に修正はなく、ダッシュ3LPで空中コンボができるのは相変わらず。吉光が基礎ダメージ5の卍葛で運んでいるのにお前は調整されても12か、というのは心の中だけに留めておこう。

2RPRKの2発目のダメージが17→11に減少
ガード硬直-11F→-13F
ヒット硬直五分→-2F

2発目のダメージが大幅にダウン。これにより、コンボの締めで使った時の火力が13→8と5ダメージ落ちる。また、2発目が地上カウンターした場合のダメージも20→13と大幅にダウン。さらに硬直も大きくなった。初段が優秀なので、これくらいが妥当な調整という感覚。吉光は13Fもらっても結局トゥースマなんですけどね!

1LPLKのダメージが20→17に減少

3ダメージ落ちた。空中コンボに組み込んだ際も2ダメージほど落ちる。連続ヒットでガード時五分なのは相変わらずで、まだまだ現役。ただ対となる中段派生に確定反撃がついたので、リロイ側がリスクを背負う場面は増えた。

1LPWPのガード硬直が-9F→-10Fで、距離も近く

立ち回りの技に影響する大きな変更。ワンツー系の確定反撃が入るようになり、リロイ側としては一気に使いづらくなった。1LPLKをしゃがむ相手を狙った用途が主となる。または、1発止めで2発目を匂わす事が多くなるだろう。吉光の紅葉蹴りなんてそもそも連続ガードだから、択で使えるだけまだいいんじゃないですかね。というのは心の中だけに留めておこう。

4LKのダメージが23→21に減少

うまい人はスカし確定に使ってくる技。ダメージが若干の減少で、コンボの初段に組み込んだ際もダメージが2落ちることとなる。

9RKのガード硬直が-3F→-8Fと不利増加

予想通りなところで、フラヒの硬直増加。これまではフラヒガード→4WPなどという連携がまかり通っていたが、中々暴れるのは難しいフレームとなり、気にせず攻めることができるようになった。空振り時の硬直も合わせて増加しており、5F増加の影響は大きい。吉光で言えば元々RP程度のスカ硬直だったのが3LPと同じスカ硬直になったのと同義である。

9WKWPの空中ヒット時挙動変更

単純な吹き飛ばしではなく、アリサの666RP空中ヒット時のような、叩き付け系の吹き飛ばしに変更。受け身がとれないやられであるものの、吹き飛ばし距離が短いため壁まで届きにくくなり、またダッシュで起き攻めをすることもできなくなった。細かいダメージよりも大きなコンボ性能の低下。

66RPRPの2発目のダメージが20→15に減少

2発目のダメージが減少した。初段との合計ダメージは23で、その他の性能はそのまま。ガード時に距離が遠くてジャブが届かないことがあるのも相変わらず。そっちを直したほうがいいのではないかと思う。とはいえリロイが中距離から触りにいく技もあまりないので、極端な弱体化は難しいところか?

3RP+LK(杖)のガード硬直が+8F→-7Fに変更

大幅有利から大幅不利へと劇的な変化。距離も近距離で、吉光の卍芟も安定して届く。ただこの技そもそもダメージが高すぎるような気が…。コンボ始動となるレイジドライブがだいたいダメージ35であるのに、ダメージ45とはどういうことか。詠春拳だからしょうがないか。その他、初段ガード時の距離が近くなっており、初段先端ガード時に残りがスカるという事象が発生しにくくなっているようだ。


2WPや4WP、LPLPWPLPといった主力技については据え置きで、リロイの戦術に大きな変更はなく、終了のお知らせというほどではない。もちろん、何か尖った強さを持つことでキャラやゲームが面白くなるので何でもかんでも弱くする必要はないと思うが、もう少し弱体化を辿る道が見える。

リロイ自体は置き技が少なく、フラヒの硬直も増加したことによりさらに置きにくくなった。なので攻め込まれやすいので、積極的に前に出てインファイトで戦う。そして、中段がマイルド化されて下段の削りがより重要になる。そんなキャラの方向性により倒れていきそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。