レイジアーツのダメージは最大どこまで上昇するのか?




鉄拳7から導入されたレイジアーツは、レイジ状態の時にだけ出せる必殺技。鉄拳7FRリリースの頃にレイジ発動体力が引き上げられたが、残り体力が低ければ低いほどそのダメージが高くなるという仕様になっている。

では、レイジアーツの最大ダメージはどこまで上がるのだろうか?また、残り体力に応じてどの程度のダメージ上昇幅があるのだろうか?これについて今回調査をしてみた。

体力に関する基礎情報

まず、そもそも鉄拳の体力ゲージは数値にしていくつなのか、レイジ状態は残り体力がどのくらいになったら発動するのか?については、以下の通りである。(鉄拳7 シーズン3時点)

プレイヤーの総体力は、170である。

レイジ状態が発動する体力は、44である。

残り体力とレイジアーツのダメージの計測結果

残り体力に応じたレイジアーツのダメージ計測結果は以下の通り。なお、レイジアーツは地上でノーマルヒットさせた場合のダメージである。ギースのデッドリーレイヴを除いてどのキャラでもダメージは同じだが、今回は吉光を使って計測。

残り体力ダメージ
4455
4055
3557
3061
2566
2068
1572
1074
977
877
777
677
578
479
379
279
182

レイジがギリギリ発動した体力である44~35くらいまではほぼ変わらないが、以降は十の位の桁が変わるポイントを境にダメージが伸びていくような設定となっている。

特に体力10を切った瞬間に一気にダメージが高まるようになっている。以降は微差であるが、残り体力1というギリギリの状況のみ優遇されており、ダメージがググッと上がる。82ダメージともなると、残り体力のほぼ半分を奪うことになる。

最小値(残り体力44、ダメージ55)
最大値(残り体力1、ダメージ82)

上記の表をグラフで表すと以下の通りとなる。

ほぼ体力に真っ直ぐ反比例してダメージ上昇していく形となっているが、残り体力が20台、10台、1桁台に入ったところでの上がり幅は他より急勾配となっている。単純に比例しているわけではなく、ダメージが高くなるポイントがいくつか存在しているようだ。

レイジアーツが狙いどころの体力

以上の内容からレイジアーツの狙いどころとしては以下となる。

体力が10未満のとき。非常にダメージが高いゾーンで、大ダメージを叩き出せる。相手の攻撃は耐えられない可能性が高いので、コンボ用途が良いだろう。

体力が15~20程度のとき。止めを刺しにきた相手の攻撃を耐えることができ、なおかつ10未満の体力が残る可能性が高いため、こちらも大ダメージを叩き出せる。

体力が44~35程度でレイジが丁度発動した程度の状態では、ダメージが低いため推奨できない。相手を倒せるなら別だが、そうでなければ温存するか、レイジドライブに回したほうがよいだろう。

体力はゲージで表示されるため正確な数値判断は難しいところもあり、だいたい直感的に使っても大きな間違いはないと思うが、レイジアーツで倒しきれるかどうかの指標として参考なれば幸いである。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。