鉄拳7 Ver3.20 吉光調整内容




2020/1/28にVer3.20へのアップデートが行われた。

吉光については特に予想していなかったが、「巌頭(金打中6RP)の攻撃ヒット範囲拡大」という調整が入った。これまで特に、巌頭が理不尽にスカるような状況はなかったかと思うが、一体攻撃ヒット範囲がどのように変わったのだろうか。

そうか、横移動に強くなったのだろう!ということでやってみる。

あ、あれ…?

相変わらずモーション的にスカってほしくない所なんですが、吉光さん?

ということで横方向への強さについては据え置き。この技が右横移動で回避できるということを押さえてるプレイヤーも少なく、また先端狙いで使えば横移動への弱さは低減されるため、さほど気にしなくてもよいだろう。

では、コンボでの巌頭が入りやすくなったのだろうか。今まで4刻みスクリューからの逢魔外法閃~巌頭は若干相手の左ズレ限定で毎回安定するものではなかったが、入りやすくなったかというと…特に変わらない。でもまあ別に狙わないから良い。
そういえば、側面軸ずれ時の巌頭は確かにスカることがあった。それだ!ということでやってみる。

これ、拡大してんのかしら?

普段の戦術やコンボには特に影響のない範囲で、若干リーチが伸びたり潜られにくくなったりしてるのかな。と諦めかけたのだが、岩礫(66LK)カウンターから巌頭を振ってみたところ、壁際だと当たった。Ver3.10までで再検証できていないのだが、岩礫カウンターから巌頭がヒットして壁強とれるのはクマパン限定だったはず。

という訳で通常キャラにも以下のようなコンボが狙える。

しかしながら軸の状況によっては巌頭はスカる。また、シャオユウには当たらなかったので小型キャラ相手も不可。ちょっと不安定なのが玉に瑕だが、巌頭がスカっても外法閃確定なので、ワンチャン大ダメージコンボを狙ってみるのも悪くないだろう。

調整の意図としてはこのコンボのため…というのは考えづらいので、まあ潜られにくくしましたという形だろうか。対して影響のない調整でした、一応プラス修正でよかったですね!というところで。ありがとうございました。




2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。