鉄拳7 吉光 対クマパンダコンボ

鉄拳7のクマパンダはいつもの体型。

他のデカキャラ(ジャック、ギガース)とは次のような点が異なる。

・葛からブレードは安定しない
・黄泉駆け抜け~指切拳万は当たらない
・ダウンに峰打ち殺しが当たる
・ダウンに卍芟が初段から当たる
・露薙ぎからトゥースマで拾える(安定ではない)

クマパンにはいくつか特殊なコンボを狙うことができる。

■卍裏跳び蹴りから
卍裏蹴りヒット後に峰打ち殺しがコンボで確定。
TAG2ではタッグアサルトがあったためエライことになっていたが、
鉄拳7では神殿ステージにおいてコンボ始動技となる。

床を割った後のコンボとしては、以下。
・6LK>3LP>おまんとー
・禍電>陽炎裏>指切拳万
後者の方が若干減る。

■壁際での峰打ちヒット後
壁際で峰打ち殺しがヒットした後、迅雷剣がコンボでヒットする。つまり壁破壊ができる。
ジャングルステージなら壁際峰打ち>迅雷(壁破壊)>3LP>RP>圧切払>壁~ などといったコンボが可能。
もちろんのこと、迅雷剣の代わりにレイジドライブも入る。この場合は壁破壊がなくともコンボ可能で、峰打ち殺し>レイジドライブ>LP>卍芟 といったコンボが入る。

■伽藍から
伽藍ヒット後に裏拳でスクリューにつなげることができない。
その代わり、飛天狗>指切拳万が入る。
飛天狗で床を割った場合は、床割れ後に6で振り向いて迅雷剣~が入る。
体が大きすぎて伽藍の前半の攻撃判定がヒットし、浮く場合もある。その時は大ジャンプRK>迅雷剣~が入る。

■壁コンボ
ギガースにも入るが、LP>禍電菊が簡単で安定でダメージ高い。
そのほかLPからの峰打ちや卍裏跳び蹴りがめくりでヒットする。奇襲に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。