吉光 壁やられ強からの剥がしバレリーナ

卍裏跳び蹴り・撫で孔雀・戸板倒し・圧切刈などの、強いタイプの壁やられ強からのコンボ。

これら壁やられ強の後は、横歩き>バレリーナハイキック がよい。
相手の背面まで回っているので、陽炎裏>指切拳万が入る。
半分近く減る。
ただし壁攻めは継続しないので、倒せる時やダメージが欲しい時に。

横歩き方向は左右どちらでも可能だが、軸ずれに応じて、壁との軸をずらす方向へ。
真正面の場合は、左横の方が横歩きできる距離に余裕がある。気がする。
失敗するとただの正面壁やられになるがまあOK。
あるいは背面まで回らずにスクリューになることもあり、この時は続けて壁コンボが入る。
特に左横歩きの場合は背面まで回れないスクリューの場合に、逢魔外法閃>壁ヒット>壁コンボ となる可能性も。

吉光は確定反撃のない壁強誘発技を結構持っていることもあり、狙いどころは多い…のか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。