合掌と社の空中ヒット時拾い




合掌を打った時に、空中ヒットすることがたまによくある。

この後は迅雷で拾いたくなるのだが、残念ながら間に合わない。
いや、フレーム的には間に合っているのだが、相手がうつ伏せになっているために当たり判定の関係で当たらない、が正しい。

ではこの時に拾うのは何かというと、比較的安定するのは外法閃になる。

空中ヒットは技とタイミングによって高さが異なるため、高さが低かったり距離が遠い場合は当たらないこともあるが、基本的には当たらない方がレアケースである。
仮に当たらなく横転受け身をとられた場合でも、吉光側が-8F程度。痛い確定が入るほどの不利はないので、打っていく価値がある。

ちなみにこのような外法閃単発空中ヒットの後は相手の横転受け身率が非常に高く、華厳の確定を狙うチャンスポイントである。

また、あまり打たないかもしれないが社についても触れておく。
社は見た目に反して案外硬直が軽く、空中ヒット時は迅雷が間に合うことが多い。

横移動技は回避を兼ねている点から、相手の技を回避しつつ空中ヒットというシーンが発生することがある。
1つ拾うだけでリターンとその後の展開がよくなるので、打つときは意識をしておきたい。技の硬直が長めなので、右アッパーなどよりは空中ヒットの判断は簡単である。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。