ブレード暴れ投げ抜け

吉光ブレードで暴れたときに、投げで掴まれていた場合。

コマンド的にLPが含まれているので、掴まれてから入力した場合は
LPでの投げ抜けとなってしまい、両パン投げなどは抜けられない。

しかし、LPをホールドしながらRKを押して吉光ブレードを打った場合は
掴まれたときにボタン入力していたとしても、投げ抜けボタンの押し直しが有効。

例えば起き上がりにブレードで暴れるときなどの場面で、
LPをホールドしながらRKでブレード、直後にLPホールドのままRPも入力しておくことで
両パン投げ抜けしながら吉光ブレードを出せる。

特に壁際での起き攻め両パン投げを睨んで活用することができる。

2件のコメント

SECRET: 0
PASS:
吉光ブレードや真・吉光ブレードは使いどころを知るとものすごく便利ですね。
攻め癖のある相手やスプリングキックを打ってくれる相手はおやつになります。

SECRET: 0
PASS:
スプリングキックは持つ持たないで起き攻めが変わるほど強いですが、
比例して吉光がおいしい場面が増えましたねー。もぐもぐ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。