納刀を極める 15 石臼潰し

納刀時の特徴的な下段である石臼潰し(8WP)。

■ダメージが結構高い
数値まで見れていないけど18か19ある。エフェクトがギリギリ光らない程度のダメージ。
卍芟並みにダメージがとれ、ダウンに当たる、下段捌き不可、ガード時も低リスクというあたりが強み。
ガード時は以前の記事に書いたネタが使える。反撃はほぼ返ってこないでしょう。
ちなみに発生Fは迅流撃より1F遅い。

■リーチが滅茶苦茶短い
なんといってもこれ。ジャブガードから打っても当たる気がしない。
密着あるいは壁際で打てばよくて、ポイントとしては葛ガード後ならバクステに届く。
あとは、わかりやすく壁コンボの後などが狙い目となる。

■ヒット後の展開が続きにくい
ヒット後は吉光側が強制的に卍あぐら状態になる。
この後に何ができるかというと、能動的な攻めはまずできない。あぐらから最速で立ち上がれば特に確定はないが、吉光側が-9Fである。
ただ、相手がトゥースマを打つ場合は千覚無空舞で背面に回ることが可能。
レバーNで千覚に移行~千覚無空舞までを最速のタイミングで行うのは難しいが、背面に回った場合は吉光側が+6Fほどある。しゃがまれなければジャブや、+6Fあればミドルキックが確定。
しかし千覚無空舞が遅れればトゥースマで拾われるし、背面取っても安いので微妙といわざるを得ない。
なのでこの技はとどめの一撃、と割り切った方が良さそうである。

・とどめに使う
・葛1発から卍芟派生を警戒させつつ使う
・壁コンボ卍芟の後に、受け身なしOKな下段として使う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。