石臼浮動

納刀中に8WPの石臼潰しの後は、自動的に卍あぐら&千覚に移行するが、

WKをホールドしてレバー下方向を入力しておくことで、技後にすぐさま千覚浮動に移行できる。

(※千覚浮動・・・あぐら中にホバーして動けるやつ)

なので、石臼潰し中にWK+レバー後ろ斜め下に入れておけばすぐに下がることができる。



これが何の役に立つのかというと、

石臼潰しがガードされた後の相手のトゥースマを回避することができる。

これ以外ではトゥースマは回避できないので、唯一の回避方法になる。

回避したからといって何もスカ確を入れられないけど、見た目がシュールですごくいい。



もちろん、リーチと打点を兼ね備えた技を打たれれば、千覚の派生を駆使しても何もできないのだけれど

石臼潰しをガードした後に適切な返しをできるプレイヤーなんて滅多にいないと思うので

千覚浮動しておけば確定反撃はほぼ受けないんじゃないかな?

最後の削りのお供に。

3件のコメント

SECRET: 0
PASS:
もっぱらトドメの挑発に使ってますね(笑)
倒れる対戦相手を胡座で眺める吉光の図で笑えます(笑)

SECRET: 0
PASS:
実戦でどう使えばいいんだと思ってた不動にこんな使い道があるなんて!吉光らしくて面白いです(笑)

SECRET: 0
PASS:
>卍蜻蛉さん
妙な下段ですよねー。
千覚でシュコシュコしてるのもなかなかに不快な動作です。
>サボテンさん
ちょっと日の目を見ましたね。後は、ボスコノビッチみたいなあぐら技がつけばレギュラー入り…しないかな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。