ロードロ対策

キングのロードロップキックの対策について。

見てからさばければ何の問題もないのだが、この技は強い。
ダウンを奪える下段だが、ガード時キング側ダウンでリスクが少ない。
またしゃがステとジャンステもついているため、ジャブは潜り、
ライトゥーと噛み合っても空中判定で逃げられる。

この技にリスクを背負わせるには、空中判定部分を拾うか、
ガード後にしっかりと起き攻めする必要がある。

■事前に潰す場合
見てから潰すことはできないので、適切な置き技で潰す。

・凧殴り
空中判定を潰してコンボに。
1発目を潜られても2発目が引っ掛かる場合がある。

・卍葛2発
凧殴りより発生は遅いが、1発目を潜られても確実に2発目が空中ヒットする。
あるいは2発とも空中ヒットでコンボに。

・右アッパー
空中ヒット後、ジャブ~圧切~でコンボに。

・圧切刈
空中ヒット時にコンボ。



■ガード後
状況としてはコンボの圧切2発止め〆後と似たような形になる。

・露払い
とりあえずの確定。

・鞍馬一刀
これも確定のはず。

・66~外法閃
寝っぱなし以外の選択肢にヒットする。
特に後方起き、その場起きの場合は浮くため、期待値が高い。
寝っぱにスカると起き蹴りでコンボされるリスクがある。

・峰打ち殺し
横移動で立ちに戻して峰打ち殺し。
外法閃と同じように寝っぱなし以外にヒット。
スカると起き蹴りでコンボのリスクがあるのも動揺。

・跳び牛若
横移動で立ちに戻して跳び牛若。
横転には1発目のみヒットとなり、やや安いが
寝っぱにスカっても飛び越えるためリスクが低いのが特徴。

・卍車
打ちたくなるけど確定はしない。
卍車~地雷刃が起き攻めとしてよいが、相手後方起きにスカってジャブで拾われるため、
先述の選択肢で黙らせた後に狙いたい技。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。