対クラウディオ ノヴァエクスプロージョン

スターバースト状態からの、2段目がガード不能の新技。

ひとことで言うとケツアルクアトル(※)です。
※TAG1などの時代に猛威を振るったオーガの技

なぜ作った。

初段ガード後の2発目は打撃で割れない。
ケツアルクアトルと同じく、初段ガード後にバックダッシュで避けることができる。
また、横移動でも避けることができる。
クラウディオ側にものすごく硬直があるので、回避すると何でも入る。日向砲でも入るはず。

初段がヒットしていると原則として2発目を回避することはできない。
が、吉光の場合は華輪(左右どちらでも)で回避することができる。
回避後、浮かせ技が確定。66入力で華輪の硬直をキャンセルしなくとも、外法閃が確定する程度の有利。

バレるまでは苦し紛れに打ってきそうなので、対策は覚えておきたい。

しかし、こういう技は対策が難しいのであまり好まれないけど、つけるなら吉光に欲しいところ。
天守崩しホールドでガー不とかにしたらいいんじゃないかな。

2件のコメント

SECRET: 0
PASS:
ノヴァエクスプロージョンはブレードで割れませんか?
以前、咄嗟に出したブレードが割り込んだ記憶があります
華輪の方が痛くつけられそうですけど

SECRET: 0
PASS:
深く調査してないのですが、1,2回試した限りではブレードがスカりました。
軸ずれ、壁際、もしくは納刀ブレードならいけるのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。