Kneeさんに学ぶハチェットヒット後の行動


昨日に引き続いて、ハチェットヒット後の行動を見てみました。

~~~

・左横移動ガード→ジャブ △ジャブガード
・右横移動ガード ×スイーパー
・右横移動ガード △6LKガード
・生ロー ○WKにフレーム勝ち
・しゃがパン △ガード
・左横移動 ×4RKヒット
・左横移動ガード→ジャブ △相手様子見
・バックダッシュ △相手前ダッシュ
・バックダッシュ→下段捌き ○生ロー捌き
・立ちガード △ジャブガード
・3LP ×LKRPLPカウンター
・バックダッシュ→ジャブ ○前ダッシュにヒット
・スイープキック ○ジャブ潜る
・バックダッシュ ×スイーパー(バックダッシュ中にハチェットヒット後)
・バックダッシュ △WPガード(バックダッシュ中にハチェットヒット後)
・右横歩き ○3LPスカ(右横移動中にハチェットヒット後)
・生ロー ○ジャブに勝つ
・左横移動 ×ジャブヒット(左横移動中にハチェットヒット後)
・右横移動 ×スイーパー
・左横移動ガード △3RKガード
・しゃがみ △相手様子見
・右横移動歩きジャブ △ガード
・バックダッシュ △スラッシュガード
・右横移動3LP △ガード
・右横移動 ○ジャブ避ける(右横移動中にハチェットヒット後)
・バックダッシュ ×ハチェット
・右横移動ガード △3LPガード
・生ロー ○前ダッシュにヒット
・右横歩き ×ハチェット
・しゃがみ ×WPヒット
・右横移動ガード △3LPガード
・最風 ○前ダッシュにヒット
・ジャブ △ガード
・しゃがみ ○ジャブしゃがむ
・立ちガード △ジャブガード
・バックダッシュ→鬼蹴り △ガード
・バックダッシュ △相手前ダッシュ
・しゃがパン ○ハチェット潰す
・しゃがみ △相手様子見
・左横移動ガード △3LPガード
・ワンツー ○3LP潰す
・右横移動ガード ×ハチェット
・しゃがみ ○ジャブしゃがむ

~~~

並べてみてもあんまりよくわからないので、数値化すると傾向が見える。

右横移動:11回
暴れ:10回
バックダッシュ:9回
左横移動:6回
しゃがみ:5回
立ちガード:2回
(全体:43回)

チョッピングガードよりも不利フレームが大きい(チョッピングガードが+3F、ハチェットヒットが+4F)にも関わらず、結構暴れているなという印象。割としゃがんでもいる。
ダメージ不利を負った分を取り返そうという意識がやはり働くのだろうか。
それでも横移動・バックダッシュ・立ちガードの回数を足すと28回なので、全体の3分の2は黙っていることになる。

チョッピングガード後の最速暴れが36回中2回だったことを考えるとかなり暴れているのだが、大きなリターンを相手に与えたかというと、そういうシーンがない。
暴れに選んでいる技はジャブ、しゃがパン、生ローと発生の早い技・しゃがステが中心。一度だけ読み切ったのか最風があった。ヒットしてた。

ただ個人的にはチョッピングガード後と同じく一貫した防御行動を期待していたのだけど、
割と動いているのでここは崩せるポイントなのかなとも思った。

また、上記の一覧に一部書いているが、注目したいのがハチェットヒット時の状況におけるその後の行動。
バックダッシュ中にハチェットがヒットした場合は、バックダッシュしてる。
左横移動中にハチェットがヒットした場合は、左横移動。右横移動中なら右横移動。
毎回必ずという訳ではないけど、多分これは狙ってやっていると思う。

下記の場面では、右横移動中のハチェットヒットからさらに右横移動することで、右横移動に強いはずの3LPを回避している。

右横移動中

ハチェット被弾

さらに右横移動するとブライアンの3LPがスカっている

ハチェットは横移動で完璧に回避できるものではないが、横を追ってくる技ではない。
ヒットはするけど、その後のブライアンの向きとしては相手の方向をまっすぐ向いていない。
なので、重ねて同じ方向に軸をずらすことが効果的ということになる。

言われてみればわかるようだけど、これは実戦してなかった。
為になりますなあ。

引用元動画:

2件のコメント

SECRET: 0
PASS:
鉄拳の醍醐味?の何故か当たらないというシチュエーションが起こる確率を意図的に立ち回りやレバー操作で上げることが可能ならば…
でも、実際に攻撃が妙に当たらないプレイヤーもいるんですよね。
こういった、細かな動きの繰返しによって偶然スカっているようにみえて必然なんでしょうね。

SECRET: 0
PASS:
仰るとおり、偶然じゃなさそうですね。
こういう主力技に対しては、横移動中にヒットしたらこうズレて、これで避けれるとか
そこまで調べてるような気がしますね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。