鉄拳7 スティーブ対策メモ

リクエストいただきましたので。

■スティーブはどんなキャラ?
ボクサーだけあって蹴り技の少ない珍しいキャラ。その分パンチ技が豊富で、各種構え含め上中段技が厚い。
近距離でのワンツースリー、2RPによる削り、中距離でのターンパンチ、スマッシュなどを軸に牽制をしつつ、クイックフックや3RPのカウンターを狙っていくスタイルがスタンダード。
また構え移行のポイントが多く、多少の不利でもダッキングやウィービングに移行することで相手の技を回避するなど逆二択的な読み合いを迫れる。
カウンター狙いと、各種構え移行からの展開を得意とするキャラ。
コンボはダメージそこそこだが、運び性能は高く、壁に追い詰めた時の二択も強力。

■スティーブの弱点
通常キャラに比べて偏りがあり、まず確定反撃が弱い。17Fあれば浮くが、16Fまでは浮かせられない。 12Fのツーハイのような技もない。
しゃがみも同様で、イーグルクロウは強いが、18Fないと浮かせられない。
同じ理由でスカし確定技も乏しく、ソニックファングは優秀だがリターンの大きい技は少ない。
また下段攻撃が薄く、ダウンするのはリーチの短いダーティースマッシュのみ。カウンターが主なダメージ源ということもあり、相手に守られると効率的にダメージを与えるのが難しい。
ジャンプステータスが優秀でない関係でしゃがみステータスにも弱く、特にメイン武器のクイックフックと3RPは発生の早いしゃがみステータス技を振られると弱い。代表的にはしゃがパン。
単純に待たれても確定反撃やスカ確が弱く、攻められても崩されづらい。あとは安易な暴れを避けてカウンター被弾しなければ不利はとられづらい。

■吉光の場合
・立ち回り
早々に手を出してカウンターをくらい、体力不利になると相手ペースになってしまうので基本は待って、待ちながら置きアッパー。中距離ではターンパンチや666RPのイレイザーが多いので、それらを潰す効果もある。
攻めこまれても切り返すチャンスは多いので、あまり攻めっ気を出す必要はない。
露払いもクイックフックやワンツースリーに対して確かに良いが、スカるとソニックファングが安定し、ドラゴニックの的にもなる。また3RPカウンターのリスクと、スティーブとはいえガードで浮いてしまうのが痛い。あまり頼らない方が吉。
ウィービング対策にはなるので、有利から打つのが定石か。
体力不利時や、攻めてこない場合は近づいて卍そうが基本。牽制としての牛若もセットで優秀。
また、迅流撃はガードされても浮かないので積極的に打ってよい部類(ショットガンの確定反撃は地味に痛いが)。しゃがみステータスなのも◎。

・クイックフックに対して
代表的な置き技で、攻めるときはこの技の被弾にまず気を付けたい。
クイックフックの射程では生ローや卍そうなどのしゃがみステータスが基本。 吹雪なんかは被弾しやすいので状況を見て慎重に打とう。
また中段の置き技はスマッシュがあるが単純にしゃがんでおくのもよく、回避した場合は華厳が有効。なぜならクイックフック後に基本的に移行するフリッカー構えは飛べない&下がれないため。
キャンセルしてバックダッシュは可能だが、華厳読みでそこまで動いてくるケースはほぼない。

・3RPに対して
3RPは強力だが、ヒット確認でダッキングへは移行できないため、ガードでもほぼダッキングへ派生してくる。
このときブレードが非常にいい距離で、おそらく確定ではないものの相手がガードを怠ると刺さるので、狙い目。
ちなみにワンツースリーフォーからのダッキングにはブレード確定してるんじゃないかと思うが、詳細は未検証。
3RPノーマルヒット時も距離的にはブレードを打ちたくなるが、ダッキングからのガゼルパンチが割れない。3RPは100%カウンター確認が難しい関係上、ガゼルパンチ打っとけも多いため、大人しくしておこう。
またしゃがみで微不利のときは露払いを打ちたくなるが、3RPがあるため基本的には禁止。
具体的には生ローヒット後や、スティーブの立ち途中LPRPヒット後など。
手を出すならしゃがパンの方が安定する。

・ピーカブーに対して
下段パンチのスタンソーサーからピーカブー攻めとなるシチュエーションは非常に多いが、この状況下ではブレードが超優秀。昇竜以外の上中下に対応するので、相手が手を出した場合はすべて食えると思ってよい。(投げについては密着以外は届かないのでWP抜け用意)。
ブレード警戒時にはスティーブ側は黙ることになるが、ここで華厳にいくのが図々しくも強力。なぜならピーカブーもフリッカーと同じく下がれないため。
キャンセルしてバックダッシュまでされたらしょうがないが、いずれにせよ対吉光戦のピーカブー攻めはかなりやりにくいこととなる。

・日向砲ぶっぱ
ゴチャゴチャ考えるのがめんどくさい時のスティーブ対策。
主にワンツースリー、クイックフック、ホーカーハリケーンを読んで出す。
クイックフックガード後とかがなかなかよい。
3RPにはカウンターもしくは空中ヒットで拾われてしまうのが難点。

■まとめ
基本方針は手堅く戦う。簡単にカウンター被弾して相手に楽をさせない。
それこそガードに徹してもOKで、ダッキングやピーカブーに対してのブレードによる逆二択が強力なので攻めさせる。たまに置きを刺す。華厳も機能しやすいので接近戦は吉光有利がつきそう。
待ち方としては無想も有効で、イレイザーのリーチは微妙なのでスカせるチャンスも多い。ドラゴニックがうまいスティーブには注意。
その他豆知識で、ダーティーからのターンカッティングは吉光なら卍あぐらで軽減可能。倒されるときはやろう。

2件のコメント

SECRET: 0
PASS:
スティーブ対策ありがとうございます!
これでスティーブとマッチングしないように祈ることが減ると嬉しいですw
いつも3RPカウンターやホカハリ→カッティングを食らってそこから流れを持って行かれて負けていたので、少し待ち気味に対応して行こうと思います。
ちなみにすごく基本的な話で申し訳ないんですが、ドラゴってガードでトゥースマしかないですよね?
ブライアンのハチェやアリサのライトゥーとかには華厳を狙っていってるんですが、ドラゴも同じように狙う価値はありますか?
なんかガード後離れてるように見えてトゥースマすらスカりそうで怖くて打てないんですよね…

SECRET: 0
PASS:
>怪奇ドロップさん
参考になれば幸いです。
ドラゴニックにはトゥースマですねー。至近距離だと華厳はありかもですが、確かに遠いです。
先端だとトゥースマもスカりますね。そこにスカイハイ擦ってるスティーブがいて色即是空!って感じでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。