鉄拳7FR マスターレイヴン対策(吉光・有効な行動)

■有効な行動

○牛若で攻める
リーチを生かして打つことで相手のホイールエッジ、チャリオッツなどに対して先手を取れる。
潰されたとしても空中判定になるため、リスクを軽減しやすい。

○スラッシュキックで攻める
やはり置き技のホイールエッジに空中ヒットで潰されても安いため、前に出やすい。
ホイールエッジ空振り後などは遠いので、スカりに注意。

○置きアッパー
択を仕掛けるには近付いてくる必要があるため、置き技が機能しやすい。
ステップから攻めてくることもあり、上段よりも中段技が効果的。
しかし、スカ確は早くて長いものがあるので狙われないように注意。

○五分付近での迅雷剣
負けるのはアパスト程度で、上段系はもちろん中下段にほぼ打ち勝てる。
確定反撃も比較的安く、リスクとリターンの面からかなり優秀。

○隼暴れ
1RKをはじめとした優秀な下段は遅く、二択も遅いため暴れると相手は面倒くさい。
暴れ潰しとして痛いのはRKだが、姿勢やフレーム次第で潜るということもある。
3LPやアパストで潰しに来られると読み負けだが、細かい中段にはブレードが刺さるという大味な読み合いが可能。

○背中に隼、外法閃、峰打ち殺し
レイヴンの背中に隙を見つけたら打つ。
これらの技に共通するのは返し技でとられないこと。距離に応じて打とう。

■微妙な行動

△置き露払い
前に出てくるところを潰す技としては悪くないのだが・・・66LKやステップからのボディスラでスカ確をとられてしまう。
→振るなら打ち所を絞るように。

△有利からの蜻蛉二択
9RKで暴れられた場合に空中ヒットから拾われてコンボになる。RKLPなども同様。
コンボチャンスを与えてしまいやすい。
→中段技で暴れをきっちり抑制してから。

2件のコメント

SECRET: 0
PASS:
キャラとの技相性考えたとき、ほとんど牛若はハズレがないですねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。