鉄拳7 対アリサ 確定指切とリブート




相手背面スクリューから、陽炎裏>指切拳万

これは確定なわけだが、対アリサの場合はダウン中WPのリブートで回避される。

■リブートのみ
回避された後のフレームはというと、吉光側が+9F以上なので白道が確定
アリサ側は一応背向けWKで白道を軽減できるものの、ダウンからほぼ最速でリブートした場合のみなので難しい。

■リブート~メテオキック
リブートからはメテオキック派生があり、これを出されると距離が離れる。白道は当たらなくなる。
メテオキック派生に対しては指切スカ後、追いかけて背面から逢魔外法閃が入る。ただし、最速でリブートされてると間に合わない場合もあるので注意。

■リブートの時点で潰す場合
メテオキック派生とか考えず、とりあえずリブートの時点で潰す場合は陽炎裏後、指切を打たずに
・振り向いて圧切(2RPLP)
・振り向いて牛若~蜻蛉~夏茜
あたりがコマンド的にも扱いやすく高ダメージ。

ただ、これを読まれると最速で振り向き下段打たれてコンボになるという妙なリスクを負うため、
ローリスクにいくなら背向けRPの卍裏拳を打っておくのがオススメ。

その他背向けLKの飛天狗も悪くないが、リブートを潰した際の叩き付け位置が低いため指切はガード可になるので注意。
それも含めて飛天狗連打するのが結構期待値高いかも?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。