3秒でわかるジュリア対策

早速、結論から。

中距離で横移動ガード

それから置き技を振る

しゃがみステータスの削り下段を振る

以上。

3秒以上興味のある方は、以下の理由も参考にされたし。

中距離で横移動ガード

  • 箭疾歩や666LPといったリーチの長い主力技を回避できる
  • 長いホーミング技がないので中距離ならば安全
  • よって、相手に近付かせることができる

それから置き技を振る

  • 虎身肘や疾歩掌拳などと打ち合うのであれば、ダメージ勝ちできる
  • 瞬歩(6LKのピョンステップ)を潰せる
  • スカし確定はさほど優秀ではない(箭疾歩も長いとはいえ最低19Fかかる)

しゃがみステータスの削り下段を振る

  • 立ち途中の確定反撃があまり強くない(14Fまでは蒼空砲)
  • しゃがみステータスならばRKや通天砲のカウンターを回避できる
  • ジャンプステータスは双起脚しかないので、打たせればリスクは高い
  • パワークラッシュが優秀な部類だが、その対策も兼ねることができる

まとめ

箭疾歩をはじめとしたリーチの長い技がある印象だが、虎身肘などを打つには前ダッシュして近付く必要があるため、その瞬間を狙っていきたい。ただし姿勢が低いため、打点の高い置き技は機能しないことがあるので要注意。またスカし確定には虎身連攻も使われるが、ガード時のリスクが大きいので、置き技には小技も混ぜて揺さぶりたい。
ジュリアは空中コンボの時間が長いし運ぶし壁コンボは減るしで、ポンポン浮かされてしまうと強いことこの上ない。4WPの突双掌、RKカウンター、双起脚といった技のタイミングを警戒しつつ削りに行きたい。後はジュリアの転身下段や後掃穿弓といった大きい下段をどこでガードするか、気合の読み合いだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。