鉄拳7FR アリサ対策(吉光・有効な行動)




■有効な行動

◎牛若で牽制
2LKやブート派生、アサルト系など中距離から打たれる技で空中判定になる技が多い。
牛若を合わせると空中ヒット時でもコンボに持ち込めるため、合わせる技として優秀。
またガードされたとしてもアリサはジャブが潜りやすいため、牛若ガードからの隼で潜ることができる。中段には銀山魔…というプレッシャーもあり、ガード時も不利にならない。

〇禍電菊
立ち途中技に早くてリターンの高い技がなく、9RKRKを打つ必要があるため2発目をしゃがんでからの反撃がやや難しい。そのため打ちやすい。
何かを潰して空中ヒットしていた場合にとりあえずスクリューできてる点も魅力的。
相手の反応が非常にいい場合は浮かされるので、過信は禁物。

◎スカ待ち釘打ち
技後にしゃがみとなる4LPが置きとして使われるが、釘打ちとの相性がよい。
適当な1LKにも狙うことができる。

〇五分付近での迅雷剣
カウンター狙いのRKが危ないが当たらない。
発生の早い中段で痛い技はライトゥーくらいしかなく、下段も遅め。五分付近では打ち負けない。
ただし14F確反をきっちり入れられると痛い。

〇納刀
しゃがみ3WPに対して吉光ブレード確反(wsWP)を振ることができる。
同技のヒット後についても強力な返しとして機能する。その他、ブートLKへの確反も安定する。

〇ブート見てからレイジアーツ
体力を削りきろうとブート二択に来る場合、体力ミリでない限りレイジアーツで迎撃できる。
読まれたらブートキャンセル下がりでスカるかも。ハイリスクな読み合い。

■微妙な行動

△置き露払い
カウンターを狙えないことはないが、2LKに飛ばれてしまうため置きにくい。
→右アッパーなどの中段も置くようにする。

△隼暴れ
ジャブは潜れるのだが、1LKと重なった場合にお互い当たらない。
→下段読みはしゃがむか捌きに。隼はジャブ狙いで打つ。

×毒霧
置いてあるのを見てから2LKで飛び込まれて確定してしまう。
ヒットするにしても空中判定が多く、リターンが期待できない。
→右アッパーなど、別の技を置く。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。