鉄拳7FR クロエ対策(吉光・有効な行動)

■有効な行動

◎スカ待ち逢魔外法閃(釘打ち)
立ち回りで4LKや横移動RKなどを置き気味に振って、中距離で背向けを作ることが多い。
それを見て近付いてくる相手にカウンターをとる…という相手のイメージなのだが、
スカった背向けを狙って背面から逢魔外法閃を差し込むことができる。リーチが長いので相性抜群。
横移動RKはスカ確が早すぎると正面ヒットになるので注意。

〇置きアッパー
クロエはリーチの長い技が少なく、触りにいける技はスラッシュキック程度であるため、
近付いて仕掛けてくる場合に置き技に引っ掛かりやすい。スラッシュ潰してもコンボ。
ジャブ派生が相手主力のひとつだが、ジャブを潜る可能性があるのも大きなポイント。

〇置き露払い
アッパーと同じような理由で有効。スラッシュには負ける。
ワンツーに対して合わせればカウンターをとることができるため、ワンツー好きに有効。

◎無想下がり
やはりリーチの長い技が少ないため、無想を追い掛ける技がスラッシュくらいしかない。
無想からのしゃがみ振り向き下がりや、無想からの横移動でのスカ狙いが有効。

〇五分付近での迅雷剣
やはりワンツー系が主力であるが、迅雷剣でカウンターをとれる。
同じような発生で打ち負ける中段もなく、確定反撃もそこまで痛くない。

〇五分付近での合掌
ワンツーのツーが中段である故に遅いため、合掌カウンターの的になる。
追い掛けて技を打たれるか、下がられない限りは打ち勝ちやすい。

〇有利からの卍芟
ライトゥー暴れが危険ではあるのだが、卍芟自体は有効。ガード時の確反が安い。
ぴょんぴょんしてきたら確反を。

■微妙な行動

△不利からの隼暴れ
3LPや4RKが空中ヒットしてコンボになってしまう。ジャブの潜りも期待できない部類。
→しっかり立ちガード。下段読んだらしゃがみか捌きに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。