鉄拳7FR デビル仁対策(吉光・有効な行動)

■有効な行動

○有利からの牛若
有利フレームや、立ち回りでややプレッシャーをかけながらの牛若。
飛魂蹴や輪廻といった技を潰して空中コンボに行くことができる。ハイキックのような早い暴れが痛い、ということもなく、リスク低め。

○毒霧
風神ステップで近付いてくるところへのバリアとして機能しやすい。
リーチの長いスカ確が少ないため、空振りを狙われにくいのもポイント。しかし慣れてくると風神を差し込まれるので注意。

○置き銀山魔
前に出てくる時はしゃがステがないので置き技として機能しやすい。奈落を避けることもできる。
デビル仁側はリーチの長い技として風神や6n23LKなどがあるが、潰されたりスカをとられても空中ヒットであれば大したことはない。

○スカ待ち釘打ち
風神拳のスカ確として準備しておきたい。この精度を上げると、置きアッパーがより機能しやすくなる。

○右横移動
胴抜き、スラッシュ、飛魂蹴、鬼鐘楼などを回避することができる。奈落は被弾する。

○五分付近での迅雷剣
風神拳に打ち勝てる。
打ち合って負ける技といえば3LPくらいのもので、相手の攻めに合わせればかなり期待できる。

○隼暴れ
ジャブが潜りやすいため、ジャブ固めと二択の仕掛け両方に対応した暴れができる。

◎華輪
近距離大幅不利からの飛魂蹴、鬼鐘楼、奈落を避けることができ、浮かせることができる。
華輪の方向は左。4LK。右方向だと奈落が引っ掛かる。

○不利からのパワークラッシュ
奈落は被弾してしまうが、それ以外の中段は単発で重たいため、パワークラッシュが機能しやすい。

■微妙な行動

△置き卍葛
狙えないことはないが、風神拳に潜られる傾向にありリスクが高すぎる。
こちらの体力が少なく、風神が少なくなるタイミングではやや有効になる。
→置きアッパーの方が良い。

△有利からのミドルキック
輪廻で潜られる可能性があるほか、横スカし風神の的になるためリターンの割りにリスクが高い。
→牛若、迅雷剣などを混ぜて対応。

△置き露払い
風神対策となり悪くは無いのだが、6n23LKの叫喚閃空との相性が悪い。
しかし、逆に誘って6n23LKを横移動するという展開も考えられる。一長一短。

×中~近距離での左横移動
胴抜き、飛魂蹴、鬼鐘楼などを無条件に被弾するため好ましくない。
→右横移動またはバックダッシュを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。