鉄拳7 吉光 対戦雑記

ぼんやり考えてることを徒然と。

・vsフェン
技の揃ってるキャラだけにか、人によってスタイルが違う。置き6RKが好きだったり、3WKが好きだったり、4WKだったりタンベンだったり。
近付いてテッサ、七寸こうを打ってくるのは共通なので、様子を見ながら相手の攻めてくるタイミングに合わせて吹雪を打つというのが有効に機能していた。
スラッシュキックが短めなので無想で待つのもいい。ただ足無双のスカ確が長い。露払いは置けない。
テッサ被弾後はトゥースマ潰せるブレード優秀。相手を下げさせることができる。
七寸こうはガード-13になったのですかね。早く鬼薊を13Fにしろと。
1LPRPの確定反撃ブレードが遠めだとスカった。スライドが安定か。
4LPが好きな人にはしゃがんで白道でお仕置きしたい。


※上手く再生できないときはコチラから

vsシャオユウ
鳳凰には牛若か圧切でもんだいなし。合掌もいい。
扇蹴りは必要経費とばかりにくらってたけど地味に痛い。左華輪でかわして牛若掘り起こしがいけると思うんだけど、いまだ鉄拳7では未検証。
スラッシュキックが多いので、葛を置いておくと割りと機能する。
スラッシュガード後のブレードは機能しなくはないが、鳳凰2WPをくらうのがなんとも。華輪は逃げ方として優秀。

vsロウ
スラがガードできない。痛い。しかし後手になってしゃがむよりかはカウンターとりたいと思ってる。
露払いが結構有効に機能する部類。上段系はもちろん、スライディングの出掛かりも地上カウンターとなるのがよい。スカった時に長くて痛い中段もさほどない。
あとは基本攻めさせてよさそうで、ハンマーガード後についてはトゥースマをブレードで潰せるためここの読み合いは強い。
スラッシュキックガード後もホーミング以外は華輪で対応できそう。

vsカタリーナ
あまり当たらないが勝率悪し。
空気読みで9RKをぱなしてくるケースが多いんだけど、単純にそれが辛い。確定反撃にブレード入るっぽいが軸ずれ限定か。ダッシュでいけないか。
ハイキック読みで日向砲出してたら、ハイキック派生のジャンプをくぐってしまい当たらない。悲しい。
露払いはハイキックと相性よしだが、66LKと相性が悪いためリスクが大きい感じ。
遠めから牛若振るくらいで、基本黙ってスカ待ちでいいのかも。

vs一美
666RPには置き葛が有効くさい。特に納刀してるとカウンターでブレード確なので、一美側にもなかなかのプレッシャー。
葛のスカ硬直はジャブと同じなので、簡単にはスカ確はもらわない。

鉄拳7は場所も時間も選ばず、いつでも対戦できる点で本当に素晴らしいと思う。しみじみ。

6件のコメント

SECRET: 0
PASS:
カタリーナ辛い…
低段の話なんで自分が悪いんですけど
ジャンステが悉く置き技に拾われて死にますね

SECRET: 0
PASS:
>はっちさん
ありがとうございますー。
>JNOOOPさん
ハイキックに引っ掛かり始めると辛いですよね。
合掌とかいいかもです。

SECRET: 0
PASS:
突然ですが、あぽーさんは今週末の吉光オフ参加されるんでしょうか?
是非一度見てみたいのでコメントさせていただきます。

SECRET: 0
PASS:
>鷹狩りさん
他にもお声掛けいただいてたみたいなんですが、
残念ながら予定が合わず不参加ですー。
ありがとうございます。見られる日まで精進します。

SECRET: 0
PASS:
返信ありがとうございます。
今後、観戦できる日を楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。