鉄拳7FR 一美対策

■確定反撃(★は重要)
・燐光烈拳3発目(LPLPRP)-17F 右アッパー、隼
・鬼道連拳(LPRPRP)-12F 殴り兜
・胸尖手甲(LKLP)-13F 紅葉蹴り、殴り兜
・胸尖落斧(LKRP)2発目上段 白道
★鳴神(WP)-14F 釘打ち
★重ね暁(3LPRP)-13F トゥースマ
・猛虎風伯拳(3RP)-24F 右アッパー、隼
・雷切金剛(2LPRP)-15F 釘打ち
・黒縄輪廻1発止め(1RP)-14F 紫電 2発目割り込み11F可 ヒット時2発目捌けない
・黒縄輪廻2発止め(1RPLK)-14F 紫電 3発目割り込み11F可 ヒット時3発目捌けない
・黒縄輪廻(1RPLKRK)-11F トゥースマ
・足甲砕き(1LK)-14F 紫電
★・土雷(1RK)-12F トゥースマ
★・2LK -16F 白道
・羅城門(4RP)-9F 壁背負いブレード
・伏雷(4RK)-13F 紅葉蹴り?
・裏旋空斬刃(9LKRKLP)-15F 右アッパー、隼
・裏旋豪震脚(9LKRKLK)-16F 右アッパー、隼
・経絡捨断(9RP)-14F 釘打ち
★・葛城崩し(9RK)-13F 紅葉蹴り、殴り兜
・金剛虎殺し(66RP)-13F 紅葉蹴り
・絶虎鬼門脚2発止め(46RPLP)-14F 釘打ち
・絶虎鬼門脚(46RPLPRK)3発目上段 白道
・絶虎剛掌波(46RPLPWP)-14F 釘打ち
・千鳥金剛(立ち途中LPRP)-13F 紅葉蹴り、殴り兜
・鬼突き(立ち途中RP)-12F ミドルキック、殴り兜
・臥突鬼門脚(立ち途中RKRK)2発目上段 白道

(如意翔)
・雷公拳(如意翔LP)-13F 紅葉蹴り、殴り兜
・巓颪(如意翔LK)-12F 殴り兜
・黒縄燐光(如意翔RK)-24F 白道

■確定反撃(一美)
(立ち)
・10F 鬼道連拳(LPRPRP)+4F
・10F 燐光烈拳(LPLPRP)ダウン
・12F 鳴神(WP)ダウン
・13F 重ね暁(3LPRP)ダウン
・15F 葛城崩し(9RK)浮き
・18F 猛虎風伯拳(3RP)浮き

(しゃがみ)
・11F 臥突鬼門脚(立ち途中RKRK)+?
・13F? 千鳥金剛(立ち途中LPRP)ダウン
・15F 葛城崩し(9RK)浮き
・18F? 鬼突き(立ち途中RP)浮き

■傾向分析
(立ち回り)
・上B/攻め 燐光烈拳(LPLPRP)10F
・下B/C/攻め 2LK 16F
・下B/攻め 土雷(1RK)20F
・中B/攻め 踵颪(66RK)21F~
・中B/攻めスカ 重ね暁(3LPRP)13F,R
・中S/攻めスカ 疾風金剛(666RP)20F~,R
・上C/置き RK 11F
・中B/スカ 猛虎風伯拳(3RP)18F

【右横歩きを基本としつつ、置くか攻めるか、自キャラの得意な戦法で】
右横歩きで666RP、3LP、66RKなどを回避する。
距離としては666RPを打ちづらく、RKが届かない距離に位置してRKのスカりを狙う。
スカ確が弱めなので、666RPを打たずに近付くようになったらこちらの置き技を狙う。

(一美有利)
・上 RK 11F,LRB 攻め
・中 鳴神(WP)12F
・中 重ね暁(3LPRP)13F,R
・中 胸尖落斧(LKRP)15F
・中/H 羅城門(4RP)15F
・中 鳩尾脚(6LK)17F
・中 踵颪(66RK)20F
・下/C 2LK 16F
・下 土雷(1RK)20F
・投 速疾金剛(3WP)

【立ちガード安定、66RKが少なければ捌きにいく】
下段が安いので、基本的には立ちガードとする。66RKが少なければ下段捌きのチャンス。大きく択にくるようなら暴れる。
3LPで拾われてしまうと痛いので、ジャンステ暴れはなるべく控える。しゃがステが少ないので、暴れはジャブ系統。または、吉光ブレードの相性よし。
壁際は壁強をとれるWP投げも多いので、読んだらしゃがんで浮かせよう。

(一美有利・如意翔)
・上 風伯拳(如意翔RP)R
・中 雷公拳(如意翔LP)LR
・下 黒縄燐光(如意翔RK)
・ガ不 金剛棟打ち(如意翔4WP)

【右横移動するか、しゃがむか】
6LK6のガード後であれば、立ちガードしているよりは右横移動したほうがよい。右横移動するか、しゃがむ。
同じ状況からしゃがパンや生ローを打つと、LK派生以外に勝つことができる。
新技の如意翔4WPは遅く、壁際で使われる。見てから暴れたい。吉光はブレードも可。

(一美不利)
・上 RK 11F
・上 経絡捨断(9RP)15F
・中 鳴神(WP)12F
・中/J 葛城崩し(9RK)15F
・中 猛虎風伯拳(3RP)18F

【強烈な暴れはない・ハイキックに注意】
避け性能の高い暴れ技というものはなく、ほぼフレーム通りに攻めることができる。ハイキックが早いので注意。
3RPに潜り性能があるけど隙も甚大なので、あまり打たれない。しかし勝負どころで打たれることはある。
一美は縦スカしより横スカしが強いので、五分に近いフレームではホーミングも振っていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。