鉄拳7FR カタリーナ対策

■確定反撃(★は重要)
・ストレートラッシュ(LPLPRP)3発目上段 白道
・ストレートグース(LPLPRK)-19F 右アッパー、隼
★スラップニードル(LPRK)-12F トゥースマ
・スマックフェザー(RPRP)-12F 殴り兜
・クレインキックコンボ3発止め(LKLKLK)ブレード(近)
・クレインキックコンボ(LKLKLKLKLK)-14F 釘打ち
・ニンブルカッター(RKRKRKRK)4発目上段 白道 3~4発割り込み10F
・ドラミング(6WP)-12F トゥースマ
・フレディングフット(6WK)-17F 右アッパー
★ネストブレイク(3RPRP)-10F 殴り兜、壁背負いブレード
★コロニーブレイク(3RPRK)2発目上段 白道
・ワグテイル(3LKLK)-19F 白道
・トゥカーノテイル(3WK)-16F? 白道
・パイネイラ(2RP)-11F 殴り兜(ハリアーLP打たれると確定しない)
・ターサス・ベリースラスト1発止め(2LK)-11F トゥースマ
★ターサス・ベリースラスト(2LKLK)-13F 紅葉蹴り
・ターサス・ネックスラスト(2LKRK)2発目上段 白道
★スライドシュート(1LK)-23F? 白道
・スリッピングテイル(1RK)-26F 白道
・ヴァルチャークロー(4RP)-13F 紅葉蹴り
・ウッドペッカー1発止め(4RK)-15F 右アッパー
・ウッドペッカー(4RKWP)-12F トゥースマ 2発目上段 白道
・ルースコロニー(4WK)-17F? 外法閃
・アクシスランプ(7RK)-14F 釘打ち
・フライングバード(9LK)-13F 紅葉蹴り、殴り兜、壁背負いブレード
・ウイングカッター1発止め(9RK)-15F 右アッパー、隼
★ウイングカッター2発止め(9RKRK)-13F 紅葉蹴り、殴り兜
★ホバリング(9WK)-10F 殴り兜、納刀ブレード、壁背負いブレード
・バードチェイサー(66RPRK)-14F 釘打ち
★プラヴァキック(66RK)-13F 紅葉蹴り、壁背負いブレード
★カイトアッパー(立ち途中RP)-13F 紅葉蹴り、殴り兜
★ショートテイル(しゃがみ3RK)-16F 白道
・ランティングスマッシュ(ダウン中2WK)-17F 白道
・アルーラスラム(ハリアーRP)-14F 紫電
・パルメイトスピン(ハリアーLK)-23F? 白道
・スナイプニー(ハリアーRK)-13F 紅葉蹴り

■確定反撃(カタリーナ)
(立ち)
・10F スラップウィング(LPRP)+?
・12F スマックフェザー(6RPRP)+10F?
・14F ペックスピア(4LPRP)+?
・15F ウイングカッター(9RKRK)浮き
・15F~ バードチェイサー(66RPRK)ダウン

(しゃがみ)
・11F トゥースマ(立ち途中RK)+5F
・13F ランページウイング(立ち途中LPLP)+?
・15F ウイングカッター(9RKRK)浮き
・15F カイトアッパー(立ち途中RP)浮き

■傾向分析
(立ち回り)
・上C/攻め ストレートウイング(LPLPLP)10F
・上C/攻め ストレートラッシュ(LPLPRP)10F
・上B/攻め バードチェイサー(66RPRK)13F~
・中B/攻め コロニーブレイク(3RPRK)17F
・中B/攻め フェザーチョップ(2LP)17F
・中B/攻め ホバリング(9WK)17F? ダメ高
・中B/J/攻め エアライド(66LK)22F~ カウンタ浮
・中B/H/攻め プラヴァキック(66RK)?F~
・中A/J/攻め フェザントヒール(666LK)?F~
・下B/攻め トゥカーノテイル(3WK)
・上C/攻め置き ニンブルカッター(RKRKRK)11F カウンタ浮
・中C/攻め置き グレイターレア(3RK)15F カウンタ浮
・中B/攻めスカ ネストブレイク(3RPRP)17F
・下B/置き スリッピングテイル(1RK)29F 浮き
・上B/スカ スマックフェザー(6RPRP)12F
・中B/スカ ウイングカッター(9RKRK)15F 浮き

【簡単に近づかせず、差し合い勝負に】
リーチの長い牽制技や置きが少なく、中距離での差し合いが弱い。
近いとRKや3RKのカウンターが危険なので、中距離でのスカ確、前に出てくるところへの置きを狙う。
66LKが長く、リターンもあるので下段系の置きは控えめに。打ってくるなら横移動を。

(カタリーナ有利)
・上 スラップニードル(LPRK)10F
・上 ニンブルカッター(RKRKRK)11F カウンタ浮
・中 ペックスラップ(3LPLP)13F
・中 ペックスピア(4LPRP)14F
・中 グレイターレア(3RK)15F カウンタ浮
・中/J ウイングカッター(9RKRK)15F 浮き
・中 クレインキックコンボ(LKLKLKLKLK)16F
・中 アクシスランプ(7RK)16F
・中/J ホバリング(9WK)17F? ダメ高
・中/J フライングバード(9LK)19F 浮き
・中 パイネイラ(2RP)20F カウンタ浮き
・下 ターサス・ベリースラスト(2LKLK)16F
・下/C スライドシュート(1LK)25F
・投 フェニックス(3WP)

【暴れずに、要所でしゃがみガード】
RKや3RKといった暴れ潰しに適した技があるため、不利フレームからの強引な暴れは得策ではない。
待っていても脅威は少なく、下段は少なく大味。1LKは壁際でもない限りリスクとリターンが合わないので、仕方なくこの技を振らせるくらいにがっちり守る。
軽い下段欲しさにヒット有利となるLPRKも使われる傾向にあるので、捌き想定しておく。

(カタリーナ有利・しゃがみ)
・中 クレインキックコンボ(立ち途中LKLKLKLKLK)16F
・中 カイトアッパー(立ち途中RP)15F
・中/J ウイングカッター(9RKRK)15F
・下/C ショートテイル(しゃがみ3RK)

【付き合わずに立ちガードが基本】
しゃがみ3RKが光る下段で痛そうだが、ヒットで五分な上にガードで浮く。カタリーナ側としてもぶんぶん打ちたくはない。
立ち途中RPのリーチが長くしゃがみ3RKと対になっているが、体力が削りきられる程度の状況でない限りは立ちが基本。

(カタリーナ有利・ハリアー)
・上 アルーラスライス(ハリアーLP)
・中 スナイプニー(ハリアーRK)
・下/J パルメイトスピン(ハリアーLK)

【ハリアーLPに気を付ける】
メインは発生の早いLP派生。潜り性能もあり、互いに技を振った場合は大抵負ける。壁際だと壁強誘発にもなるので、壁背負い時は特に危険。
上段攻撃なのでしゃがんで反撃するか、立ちガードしても有利フレームを十分もらえるのでそれから攻める。

(カタリーナ不利)v>

・上 ニンブルカッター(RKRKRK)11F
・中/J ウイングカッター(9RKRK)15F
・中 ルースコロニー(4WK)23F

【フレーム通りの手堅い行動が有効】
RKの暴れとライトゥー暴れがメイン。いずれも多段技のため完全にはスカされにくい、9RKRKは1~2発目に割り込まれても空中判定といったことから、暴れやすい。
これら暴れに負けないような手堅い技を振っていくのがまずは基本となる。
すると横スカしなどを狙ってくるので、ホーミングを打つとか、前ダッシュを挟むといった読み合いになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。