猿でもわかるギース対策

早速、結論から。

前ダッシュしてガードする

近距離よりやや遠めで戦う

下段で削る

理由について以下にまとめる。

前ダッシュしてガードする

  • 烈風拳に確定反撃を決めるチャンスを得られる
  • 置き技は短いので、スカし確定を狙いやすい(RPやRKなど)
  • ギースの下段はリーチが短いので、立ちガードによるリスクが少ない

近距離よりやや遠めで戦う

  • 3RPや2RKなどの横に強い技が届かないため、動きやすくなる
  • ギース側にリーチの長い技が少ないので、置き技やスカし確定を狙いやすい

下段で削る

  • ガードされても立ち途中の確定反撃がそこまで強力ではない
  • 発生の早いジャンプステータス技を持っていないので潰されにくい
  • 下段は横に強いことが多いので、横移動対策にもなる

まとめ

至近距離だとかなり強いので距離感が大切。中距離でスカし確定を狙いつつ、タイミングを見て削りに行こう。なお、ゲージがないときは積極的に攻めても良いぞ。

覚え方

ギースが車に乗っているところを想像しましょう。どうも運転は上手くないようで、所々ガードレールにぶつかったような跡があります。しかも途中でモンスターに遭遇してしまいました。どうやら下から攻撃されてしまうのは弱点のようです。

猿画像提供:wikipediaより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。