新型コロナウイルスに対してゲーマーができること




世界中で感染拡大、都市のロックダウン、頼むから自宅にいてくれという呼び掛けがされている中、我々ゲーマーには何ができるのでしょうか。

結論

ゲームすること。

以上です。

大切なのは以下だと考えます。

①キャリアにならないこと
感染予防(うがい、手洗い、消毒、マスク)をし、できる限り人混みや閉鎖空間を避けること。

②病床数を減らさないこと
病床や人工呼吸器などが不足すると医療崩壊となる。仮に発症したとしても、軽症であれば自宅療養で済む。自分の免疫力を高めておくこと。

③楽しく過ごすこと
暗くなっていても景気の後退が進むだけ。ゲームでもして楽しく過ごそう。新しいゲームでも買おう。

ゲームをする=自宅にいる=拡大防止 に自然と繋がります。オンラインで友達とプレイすれば、それだけ人を巻き込んで拡大防止に貢献できる。積極的にゲームしましょう。

合言葉は「チョッピングエルボーが届かない距離」

アメリカでは外出規制がかけられていますが、買い物などで外出するときは「6フィート」が合言葉となっているそうです。これは感染防止のため、人との距離を少なくとも6フィート=1.8メートル保つことを指しています。

鉄拳で言えばだいたいチョッピングエルボーくらいの距離かなと思います。

なので今後外出して人と対面する際は、「この人がチョッピングエルボー打ってきたら届くかな?」という目線で見るようにしましょう。近ければバクステを。




2 件のコメント

  • これでリアルでも山ステが役に立つ時が来たんですね!! チョッピングコロナは横には強そうなので、間違って横移動しないようにします笑笑
    あと血炎慈か

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。