神殿ステージ壁背負いブレードからのコンボ(鉄拳7 シーズン3 吉光)

床の割れる神殿ステージで、壁を背負った状態で吉光ブレードが決まる。割とよくある状況である。ここからのコンボレシピを考える。

鋭い人はこの時点で「神隠で床破壊&位置入れ替えして壁コンボ狙うんだろうな」と思ったかもしれない。自分も最初はそれで調べていたのだが、神隠しを狙うコンボは大したダメージが出ず、不安定要素もあるため実戦的ではない、ということがわかった。

結論としては「普通に運んだ方が強い」。そこで、以下のコンボレシピを推奨する。

通常時

吉光ブレード>圧切(2RPRP)>RP>禍電>突衝(床破壊)>跳び牛若>壁コンボ

適当に刻んでから突衝で床破壊すればだいたい壁まで届く。対面の壁まで運ぶことができるため、神殿ステージではほとんどの場面で壁コンボまで狙えると考えてよい。

レイジ状態

吉光ブレード>圧切(2RPRP)>RP>禍電>レイジドライブ>逢魔外法閃>壁コンボ

レイジを使えば床破壊せずに壁到達を狙える。床破壊すると途端にダメージ補正がきつくなるので、床破壊するまでのコンボをなるべく伸ばすことは重要である。

また、初段にレイジドライブを入れた場合は以下のコンボが可能である。

吉光ブレード>レイジドライブ>LP>卍葛1発>卍葛1発>圧切刈(2RPLP)>逢魔外法閃>壁コンボ

初段レイジドライブが効いているため、ダメージ的には1つ上のレシピとほとんど変わらない。


神殿ステージで床破壊が残っている場合、とりあえず運べば壁が狙えるぞという認識でよいだろう。そのような点では吉光の運びコンボは優秀。また床破壊ステージでは櫓落とし、神隠、突衝なども含めリターンが高まる主力技が多い。神殿ステージはキングの家だが、吉光もルームシェアしているかもしれないぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。