スクリュー後のジャンプ掘り起こしトゥースマ

掘り起こしトゥースマを簡単に

吉光で相手をスクリューさせた後、受け身をとらない相手に対してダブルアップするための掘り起こしと言えば、一般的には立ち途中RKのトゥースマ。

このトゥースマを当てるためにはスクリュー後の相手に近付き、タイミングを見計らってトゥースマを当てる必要がある。さほど難しくはないものの、早すぎると受け身より前にヒットしてしまったり、受け身にスカった際もフレームが不定となる。

そこで、固定のタイミングで掘り起こせるのが前ジャンプ~着地からのトゥースマ

例えば、空中コンボを禍電でスクリューさせた後に前ジャンプ着地~トゥースマとすると掘り起こしのタイミングでヒットさせることができる。

5刻みスクリューであっても後続のコンボは問題なし。

ここで相手が横転受け身をとっていた場合はスカるが、フレームとしては吉光側が+1Fになる。攻めることもできるし、相手が技を打ってくるのであれば横移動でのスカしも可能となる。

相手がトゥースマを打つのであれば右横歩きを推奨。

2RPLPでスクリューさせた状況から狙った場合は、吉光側が-4Fになる。このフレームは逆に、吉光ブレードでカウンターをとるチャンスとなる。

フレームが固定されるため、狙いやすい。

また、横転受け身確定の華厳を狙う場合は、前ジャンプ後に若干しゃがみ前進してから華厳を打てば問題なし。前ダッシュしてからタイミングを見計らうよりも、受け身確定のタイミングをとりやすくなるという副次的効果がある。

ジャンプからのトゥースマは後方受け身にもヒットするし、クイック受け身にはスカるがこれはジャンプせずに狙ってもスカるので、掘り起こしを狙うにあたってのデメリットは少ない。スクリュー時の距離がかなり遠いと後方受け身に届かないことがある程度である。

横転受け身で回避された際のフレームも想定することができるため、イレギュラーが少ないのが特徴。掘り起こしを狙う際は選択肢の一つに加えてもよいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。