初段圧切の2発目がスカる問題

以前の記事で初段はバレリーナよりも圧切が良いという事を書いたが、この初段圧切の2発目はたまにスカるという問題がある。

初段バレリーナはもう古い説

以下のような状況がそれだ。

相手キャラにもよりそうだが、右横移動で相手の技を回避してから浮かせた場合に発生しやすい模様。

背面まで回り込んだ場合にも発生することがあり、その場合は奇妙なコンボになってしまう。

この状況の回避策としては、圧切の2発目に対し”大きめに”ディレイをかけること。2発目の姿勢が低く前進距離が長いことが問題なので、相手の下をくぐらないように注意する。

圧切にディレイをかけた場合でも後続の技はつながるので、ディレイをかけることによるデメリットはあまりない。

若干後続の技の距離が遠くなるので、続いてRP>禍電とした場合に軸ずれ等で禍電の2発目が届かない、というケースはあるかもしれない。その場合はRPを挟まず禍電とするのが良いだろう。そもそも圧切初段のみでコンボを落とすよりはマシだ。

よってスカし確定の後の圧切はディレイをかける、と覚えておけばよいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。