弾割り連キャン卍芟




・壁ヒット>弾割り~連獄剣>キャンセル>卍芟

壁ヒットから弾割りを打ち、2発目LPホールドで連獄剣に派生する。
そこからすぐさまレバー後ろで連獄剣をキャンセルし、卍芟を打つ。

連獄剣キャンセルは案外隙がないので、受け身をとった相手は卍芟に割り込めない。
また、受け身をとらなかった場合でも掘り起こしの卍芟が間に合う。

受け身時、連獄剣のモーションを見た相手は、暴れるなどの回避行動をしがちなので
手堅く卍芟が重なるのが予想の外となり、ヒット率が高いというネタ。
むしろ、アッパーなどの中段のヒットも狙い目となる。

壁コンボとしては実に安いが、壁攻めの継続が期待できる。
残り体力的に壁攻めをループさせたい時や、アクセントに。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。