対レオ動画解説 ハイライト1

先日、レオ使いの黒黒さんとフレンドマッチをしました。

その時の動画がこちら(https://youtu.be/YjJc63ujeug)に公開されています。

内容の見直しと解説をしていってみる。

まずはこのシーン。
レオの仆歩に対して右アッパーが当たらない。スカったところをRPで浮かされる。
神殿ステージの中央でこんなん食らったら死・あるのみっていう感じですね。(この後6割+壁攻めでPERFECT!)
同じようなシーンは他にもあって、仆歩LPRPを被弾していたりとこちらの置きを狙われている。
右アッパーは当たらないことがあるほか、引っ掛かるタイミングで当たってもしゃがみ状態なので浮かない。相手が派生を出したところにカウンターをとらないと浮かない。ちょっと相性が悪い。
露払い、圧切、牛若あたりが対応として機能しやすい技となる。

~~~

金鶏に対する読み合いのワンシーン。
上段の横拳を一瞬しゃがんで立ちに戻している。ジャブでスカし確定。
一瞬しゃがんだだけなので中段のLK派生が来た場合はガードできる、ファジーな受け方。
ただし、横拳のタイミングを遅らされたりした場合はこの限りではない。

~~~

同じく金鶏のシーン。LK派生を左横歩きで回避してからのスカ確。
この場面ではうまくいっているが、金鶏LKRKと2発目派生まで出されていた場合、横移動から動くのが早いと2発目を被弾する。
かといって横移動しすぎると1発止めに対するスカ確が間に合わないことがある。両方に対応できるベストなタイミングは恐らくあると思うが、回避したとしても注意を払う必要のあるポイント。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。