鉄拳7 ブライアン スナイパーソバットガード後は右アッパーがジャブを潜る

9LKはガードで五分

ブライアンのスナイパーソバット(9LK)は発生27Fと遅めのジャンプステータス中段。

ヒットでダウンを奪え、ガードで五分という性能になっている。

そのため壁際の壁強狙いでスナイパーソバットを打ちつつ、ガードされたらワンツーカウンターを狙うというような連携があり得る。

このワンツー(ジャブ)に対して、吉光は右アッパーで潜ることができる。

このポイントでは隼で潜ることはできないが、右アッパーならば潜れる。

もちろん3RPLKなどを打たれるとカウンターヒットとなり結構痛いのだが、中段を打ちつつジャブは被弾しないという複数の読み合いに対応できる技になるので、有効に機能する場合があるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。