鉄拳7 ジュリア 箭疾歩ガード後の読み合い

ガード時はジュリア側が微不利

ジュリアの箭疾歩(6[LKRP])ガードした後の読み合いについて。

フレームは根元でジュリア側-3Fだが、先端ガードでジュリア側+3Fまで伸びる。

ジュリアが有利になるような先端ガードについてはは見た目で分かり、距離も遠いため、さして問題ではない。
また箭疾歩は3RP瞬歩からもよく打たれるが、3RPから続けてガードした場合は根元ガードで、確実に-3Fである。

ガードした際はだいたいジュリア側が微不利と考えてよいだろう。

有効な行動の整理

この後のジュリア側の選択肢としては主に以下が考えられる。

・単純に下がる
・横スカし狙い
・上段読みの236RP
・ハイキックカウンター狙い
・しゃがパン

それぞれに有効な行動を整理してみよう。

ジュリア→
↓吉光
バクステ236RPRK2LP双起
LP×!×
○!○!○!
しゃがみ○!○!○!×!
ミドル×!
迅雷×○!○!×○!
卍芟××!

びっくりマーク付きはコンボに発展するもの。

シンプルに整理するならば、対応は以下の3通りである。

とりあえずしゃがステ下段(卍芟)

暴れるならミドルキックでフレーム的に潰す

相手の暴れに高くつけるなら横移動(RKのスカだった場合に隼がスカりやすいので、社がオススメ)

対応を整理して冷静に対処しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。