鉄拳7 豪鬼 壁受け身時に2LKを下段捌きするコツ

豪鬼の壁コンボ(強竜巻締め)をくらい、受け身をとった後。

相手の2LKを読んだら、ガードしても百鬼襲や波動キャンセル等で読み合い継続の可能性があるため、是非とも下段捌きをしたい。

しかし、下段捌き出来るときと、出来ないときがある。それは何故か。

下段捌きする場合は前斜め下方向に入れっぱなしにすればよいが、長く入れすぎたというわけでもない。

壁の軸ずれで壁ヒットのタイミングが変わり、豪鬼側がより有利なため2LKが受け身に重なっている、というわけでもない。

答えは受け身の方向にあった

下段捌きするコツは「右方向に壁受け身をとる」である。

1P側ならキックボタン、2P側ならパンチボタンでの受け身となる。

フレームは変わらないのに、なぜか左方向への受け身では下段捌きできない。
2LKが根元か持続かの差異があるか。そんな風には見えないが、正直なところよくわからない。

キャラクター選択時のプレイサイドにも影響せず、一定して右方向受け身だと下段捌きが可能。

よって、壁受け身から2LKの下段捌きを狙うなら右方向に受け身しましょう、というのが豪鬼戦でのコツである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。