【対ブライアン】ブレード・華輪・金打ポイント

ワンツー派生

 ブレード(抜刀) 華輪

隼、ブレード、華輪、卍蜻蛉などがそれぞれに機能する。

隼が上下段派生に対応。上段派生は潜り、下段派生は飛ぶ。
ブレードは抜刀納刀問わず下段派生に割り込みが可能。返しとしてはダメージが高い。
華輪はノーディレイの中段派生を除いて全てを回避可能。ただ浮かし確定となるのは下段派生のみ。
下段派生には卍蜻蛉で飛ぶのも一つの選択肢。カウンターヒット判定がないため、中段派生のカウンターヒットを免れる。

総じて、平地で下段派生を読んだらブレードが狙い目。壁背負い時は上段派生の可能性が高まるので隼がオススメ。

ガトリングコンビネーション(LKRPLP~)

華輪

初段ガード時に2発目を右方向への華輪で回避することができる。続く3発目もスカるため、4発目にカウンターをとる形で隼をはじめとした浮かし技が確定。反応するのはちょっと難しいが、読み切ったら高い確定を返せる。

RKLKRK

ブレード(抜刀) 華輪

初段カウンターでコンボとなる上・中・中の連携。ガード時に2~3発目間にブレードで割り込むことができる。抜刀時のみ。

華輪1回転で回避しての隼も確定させられるが、2発止めからジェットアッパー打たれたら確定するのはブレードと変わらない。よってダメージの高いブレードの方が良いだろう。

WPRP

ブレード(抜刀)

1発止めに対して近距離ガードでブレードが確定。抜刀のみ。派生を出していた場合でも割り込むため、実質初段ガード時点で確定となる。

ただ1発止め遠距離ガードだと届かないことがあるのと、割り込みフレームに1Fも猶予がない点に注意。反応が遅れて派生をカウンター被弾するとえらいことになるので、自信がなかったら素直に立ちガードした方が良い時もある。読み切って狙いたい。

6RKLP

華輪 金打

ガードしても吉光はトゥースマしか返すことのできない面倒くさい技だが、金打当て身での割り込み(派生八咫烏まで確定)、もしくは華輪での回避が可能(浮かし確定)。

吉光の確反が安いからといってバンバン振ってくる場合はお仕置きしたい。

3LPLPLPLPRP

金打

3LPLP…の中段パンチは微妙にディレイをかけつつ揺さぶりをかけてくる技だが、ディレイ幅によっては金打当て身で割り込める。残りの派生は当たらないので八咫烏まで確定。RP派生を打たれていたとしても金打当て身は成功しやはり八咫烏まで確定なので、かなり優秀。

2RPLK

 ブレード(抜刀) ブレード(納刀)

壁背負いガードでブレードが確定。

2WKRP

ブレード(抜刀) ブレード(納刀)

初段ガード時、2発目に対してブレードで割り込み可能。この技は2発目をキャンセルすることができるが、キャンセルしたとしても確定となる。抜刀納刀はどちらでも可。

また壁背負い時は2発目ガードでブレードが確定。初段ガードから割り込むのが理想だが、覚えておいて損はない。

1LK

ブレード(抜刀)

左横移動からのしゃがみガードでちょいダッシュブレードが確定。

非常に難しいのでこれは豆知識である。

ジェットアッパー(64RP)

 ブレード(抜刀)

壁背負いガードでブレードが確定。-7Fなので、抜刀時のみ。

ハチェット(214LK)

ブレード(納刀)

近距離ガードで納刀ブレードが確定。距離が少しでも離れてしまうと入らないので、そこまで実戦的ではない。

壁に追い詰められた際、左に壁受け身をとってハチェットをガードした時は決まりやすい。

キックオフ(214RK)

 ブレード(抜刀) ブレード(納刀)

壁背負いガードでブレードが確定。これは有名どころか。

ダブルニークラッシュ(立ち途中LKRK)

ブレード(抜刀) ブレード(納刀)

1~2発目間にブレードで割り込み可能。右横歩きでも回避できるのだが、入力が簡単なこととリターンが高いことがメリット。

ちなみに右横で回避する場合は社(右横移動RP)を打つと右横歩きしなくとも回避しつつ確定を決めることができる。

しゃがみ3RPLP

 ブレード(抜刀) ブレード(納刀)

壁背負いガードでブレードが確定。しゃがめなかった場合でも大丈夫。-8Fあるので納刀も可。

しゃがみ3RK

ブレード(納刀)

近距離ガードで納刀ブレードが確定。

所感

比較的多くの割り込みポイントを持ち、特に壁背負い時にブレード確定となる技が豊富。壁際はブライアンの真骨頂だが、確反は他キャラでは考えられないほど伸び、挑発に対するブレードもあるため、切り返しとしては吉光も負けてはいない。

抜刀か納刀かでいうと、抜刀しておいた方が切り返せるチャンスは多い。ただ納刀もRPカウンターブレードが狙えるために中々捨てがたいところ。壁受け身したときにハチェットにワンチャン高く返せるという点も大きく、2WKRPにも対応できるため、KO間際に対する下段の処理は強力。体力6割くらいになったら納刀しておくというのも保険の一つになるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。